俺が小学生の時、海水浴に行った時の話。

父親と母親、そして兄に連れられて、岩場の多い海水浴場へと行き、
兄と一緒に岩の間を飛び跳ねながら遊んでいた。

しかし素足だった上、水で濡れた岩場の上で俺は
足をすべらせてしまい、フジツボでガタガタになった岩で
ひざをすりむいてしまった。

「イテテテテ・・・」

その時はちょっと血が出た程度だったし、子供特有の回復力で
何事もなかったかのように遊びつづけた。
しかしその日の帰りの車の中から足が熱をもって痛み始めだ。

だが俺は、なぜか親に言ったら怒られると思い、
痛みもじきに引くだろうと思ってガマンしていた。

だが、痛みは引くどころか、ますますひどくなるばかり。

数日後には無残に腫れ上がってしまった。

もう隠しておくことはできず、親に見せると、「バカ!!」と怒られ、
すぐ病院に連れて行かれることになった。

病院につくと麻酔をかけられ、
医者が俺の腫れた足を切開することに。

すると中からは大量の膿が・・・・。

ガス壊疽と診断され、俺は右足を切断することになったのだった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事