三ヶ月くらい前の話。

家庭菜園の里芋の手入れをしてたら、
なんか背後から強烈な存在感を感じたんだよ。

振り返ると…
なんかタンポポの綿毛(周りのふわふわがない)みたいなものが。

なんか動いてるように見えたから、
変わった虫もいるんだなぁとほっといたんだが、
農作業するときにあれだったから移動させようと手に取ったら、
フワフワと大根畑に。

達者でな~と見送った。

あとから何気なく調べたら
ケセランパサランだったから
急いで大根畑に行ったが姿なし。

その日、不思議なことがあった。

裂けたりして端が完全に分からなくなったサランラップを
部屋の隅に転がしといたんだが、綺麗な状態になってた。

再起が絶望的だったはずなのに、
すぐ使える状態になっててビックリした。

短時間の接触でこれだけの威力あるとか、
ケセランパサラン手に入れたらどうなってたんだ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事