某バラエティー番組の収録での事。

電話ボックスくらいで中が見えない箱にゲストが入り、
解答者がゲストに質問し
ゲストが誰かを当てるコーナーがあった。

ボイスチェンジャーで声だけでは男か女かもわからない。

最初に司会者だけが小窓から覗いて

「あ~、この人ね」

を毎回やるんだが、
その収録の時だけは覗いた後に首を傾げて、
台本を何回も見返す様子がカメラに捉えられていた。

解答者が次々に質問をし
最終的に某男性俳優がゲストだった。

ボックスから出てきた某俳優は
解答者やスタジオ観覧者に拍手で向かえられ、
出演する舞台の告知等をやってその回の収録は終わった。

収録はいつも通り順調に終わったはずだが、
司会者だけは青白い顔をして怯えていた。

それを気にした彼のマネージャーが司会者に聞いた

「○○(司会の芸人)さん、どうしたんです?
青い顔しちゃって」

「…、さっき最初に俺が箱を覗いたやろ?
その時中に綺麗な女の人がおってん。
あれ、おかしいな。
今日は□□(男性俳優)さんがゲストやのに、と思うて。
でもしゃべってるのも最後に出て来たのも□□さんやったし」

「え!それホントですか?」

「ほんまやで。
見たことない顔やったけど、えらい別嬪さんやった。
でもどこ行かはってんやろ?」

「□□さんのマネージャーの方じゃないですか?」

「そやろか」

その後、
この件が出演者やスタッフに知れ渡り、
ちょっとした騒ぎになった。

ちなみに、
□□さんのマネージャーは男性だった。

ではその女性は誰だったのか。

その手掛かりは編集中のスタッフが見つけた。

ゲストの性別がわかった後に
ヒントとして座っているゲストの手元だけを写す場面があった。

俳優の手やお腹部分が写っているのだが、
ゲストの背後に人影が写っていたらしい。

でも、狭いボックスの中に
その人影が立っていられるスペースなどない。

それを聞いたマネージャーは司会者を呼び、
映像を見せた。

「こ、この人や!最初に見た女や!これは幽霊や!」

司会者はその後気分が悪くなり、
その日の収録はそこで中止になった。

後日、
自分の出演したコーナーが放送されないため、
□□側から番組側にクレームが行った。

しょうがなしに番組側は事な真相をその俳優に伝えた。

するとその俳優は、そうか、と言っただけで、
もうクレームを言う事はなかった。

そしてその俳優は静かに芸能界から存在を消していって、
今はどこで何をしているかを知っている人はいない

テレビ業界で働く友人から聞いた実話でした

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事