俺が高校の時の話。

友達Aと夏休みに暇を持て余して飲み歩いてたんだけど
そろそろ帰ろうかって事で
Aの家に泊まりに行った。(Aの家は実家)

で男2人で家飲みするのも寂しいから
なんかゲームしようってなって
帰り途中に中古ゲーム屋みたいな所に行った。

そこで2人が買ったゲームが問題。

多分このゲーム知ってる人もいると思うけど
超いわく付きのゲームなのね。

ゲーム名は出てなかったけど
他のサイトにもこのゲームをプレイして
体験した心霊話とか見た事ある
(なんで分かったかというとゲームの内容が全く同じだった)。

どういうゲームかというと
最初にロウソクが100本たってて
一話終わるごとにそのロウソクが一本づつ消えていく。

そんで全て消えた時
何かが起こるみたいなゲームなのね。

でその時は知らなかったんだけど
このゲーム既にその時絶版になってたの。

クレームが凄すぎて。

こんなヤバいの売るなとか
苦情が凄かったんだって。

でも俺達も夏だし怖いのやりたいよねって
知らずに買ってきてプレイした。

で、最初はコエエとか言いながらやってたんだけど
だんだん夜も更けてきて眠くて睡魔と闘いながらやってた。

で夜中の3時過ぎ位にやっと百話終わってエンディング見て。
まあなんにも起こらない訳。

まあ勿論そりゃそうだよなって感じでセガサターンの電源切って、
なんともなしに音楽付けたのね。

その時はスピードが流行ってて
曲名忘れたけどスピードのCDが入ってたから付けた。

そしたらスピーカーから聞こえてきたのは
この世のモノとは思えない婆さんの声。

「アアアア」

って聞こえてきて
最初は2人で唖然としてたの。

そしたらだんだん声が大きくなるんだよ。

なんつうか曲の流れで大きい音になるとかじゃなくて
ボリュームを少しずつ上げて行ってる感じで音がドンドン大きくなる。

そしたらだんだん声が大きくなるんだよ。

なんつうか曲の流れで大きい音になるとかじゃなくて
ボリュームを少しずつ上げて行ってる感じで音がドンドン大きくなる。

そういう時なのに2人とも落ち着いてて

「これヤバいよね」

って言葉しか言えなくて、

「とりあえず部屋出ようか」

って言って2人で部屋出た。

瞬間2人共ガーって階段降りて
一階のリビングに走っていった。

正直2人共落ち着いてた訳じゃなくて
こっちが恐怖で叫んだりしたら
アアアアって声が
違う事も喋りだすんじゃないかみたいな気持ちだった(笑)

だから部屋でた瞬間
やべー!って叫びながら
一階のリビングまでダッシュだよ。

でリビング着いたら
Aの妹がテレビ見てたから
ラジカセからババアの声がするって言って
三人で部屋に戻った。

リビング行ったら普通のテレビやってたから
俺達も大分恐怖心無くなってたから。

そんで部屋戻ったら普通にスピードの曲流れてた。

でもマジ怖かった。

誰かマジ心霊体験してみたけりゃ
セガサターンの百物語ってゲーム探してやってみて。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事