出張で常磐道桜土浦ICそばの、
とあるビジネスホテルに泊まった時の話。

ある時、そこの畳部屋に泊まったんだ。

部屋の造りは、
ドアを入ると廊下、
突き当たりが客室、
廊下脇にユニット、
という普通のもの。

畳に寝転がって天井を見たら、
なんかシミみたいなのがある。

始めは、そんな新しいホテルでもないから
シミの一つもあるでしょ、と思って気にしなかった。

その日の業務日報を作成し終わったのは、
もう夜12時になろうか、という時間帯だった。

小腹が減ったので、
すぐ近くのロー○ンへ買い出しに行った。

すぐにホテルに戻って部屋に向かう。

部屋のドアを開けると、
ヒンヤリとした空気が流れてくる。

あれ?冷房点けっぱだったか?

そんな程度で、大して気にもせず、部屋に入る。

何か空気が重い気が。

あと心なしか、
誰かに見られてる気もする。

疲れてるんだな。

早めに寝よう。

ということで、
買ってきたオニギリ3個は翌日にして、
ビールを飲んで寝た。

ちなみに自分は、
ホテルで寝るときは電気点けっぱ派。

畳に敷いてある布団に、
仰向けに寝転がった。

そこでふと、
先程の天井のシミが目に入った。


さっきと場所が違う?

しかもそのシミ、形も変わってる?

何か、人の上半身っぽく見える…

でも、酒が回ってきたかなと、
あまり気にしなかったら、
そのまま寝てたみたい。

ふと目が覚める。

寒い。

時計を見ると夜中の3時過ぎ。

冷房点けっぱだったかと思い、
近くにあったリモコンのスイッチを押す。

あれ?スイッチ入った?

不思議に思いつつスイッチを切る。

そこで、
自分の背後(ドアの方)から
誰かに見られてる気がして振り返る。

ドアは廊下の奥で暗いけど、
誰もいないみたい。

何か嫌な感じだな、
とか思いながら、再び仰向けに。

…!!!

天井のシミが……無い?

起き上がって天井をもう一度よく見てみるが、
やっぱりシミは無い。

え?何が起きたの?

訳もわからずキョロキョロしてたら、
ドアの方にソレはいた。

黒っぽくて、
輪郭ははっきりしないけど人っぽい形の、
得体の知れないモノがモゾモゾしてる。

しかも、徐々にに近づいて来てる。

直感的に、コイツはヤバい、
とは思うんだけど、
金縛りなのか、体が動かない。

距離的には3~4M程度の近距離を、
ソレは這うようにして近寄って来る。

でも体は動かないし、
声も出せない。

為す術も無く、
ただビビッてるうちに、
ソレは俺の足下に来ていた。

次の瞬間、
俺は気絶したらしい。

目が覚めたのは、
朝8時半過ぎ。

…寝坊だ。

慌てて身支度を済ませ荷物をまとめて、
逃げるようにチェックアウトする。

営業車に乗り込み、
とにかくそのホテルから離れる。

昨夜のことを不気味に思いつつ、
それでも腹が減ったので、
まだ残ってたオニギリを食べようと思い、
車を道路脇へ寄せる。

オニギリを取り出そうと、
コンビニ袋に手を入れた。

…何か、袋の中が濡れてる。

しかも1個足りない…

気味が悪いので、全部窓から投げ捨てた。

その後行った営業先で、
そのホテルについてそれとなく聞いたら、
地元では割と有名な不思議スポットなんだとか。

その後、そのホテルには泊まってない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事