死んだ俺の爺さん。

太平洋戦争中、
ナントカって島に駐屯してた時の事らしい。

なんか、戦争中といってもノンビリしていられる日があったようで、
名目上はパトロールとか何とか言いながら、
森へ入って何となくブラブラしていたらしい。

で、森の中で何か果物を探していると、
小さなムカデを見つけた。

大して珍しいものでもなかったが、
色が黒くて動かない。

死んでいるのかな、
ずいぶん四角ばった奴だと手に取ると、
どうも虫のようで虫でない。

きっと虫の化石だろうと、
ポケットに入れて持って帰った。

「以来ずっと宝物なんだよ。虫の化石」

というから、
見せてもらうことになった。

半世紀以上も前に爺さんが太平洋の島で拾った、
『虫の化石』がどんなものかと見せてもらうと、
小型のモノながら、
どう見ても電気部品の『IC』にしか見えない。

爺さんもそう思っていたようで、

「やっぱり機械の部品だよなぁ。
しかしおかしいね。
当時はこんなものアメリカも持ってなかったはずだよ。
でも俺は間違いなく当時、あの島で拾ったんだ」

タイムトラベラーの落とし物?

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事