ショッピングセンターのバイトで、
人けのない従業員通路を通ってたら、
前にちょっとした知り合いの掃除のオバチャンがいた。

愛想のいい人で、
いつも大きな声で笑顔で挨拶してくれるんだけど、
今日は挨拶したのに無視。

壁に肘つきこちらを見ていて、
距離も近いし目はバッチリ合ってたんだけど、無言。

今までに見たことない冷たい目をしててちょっと怖かった。

その場所は一本道なんだけど、
途中で少し曲がっている。

オバチャンが立っていたのはちょうどそこで、
自分としばらく目が合った後、
スッと死角に入ってしまった。

それから、何秒後だろう。

ほんと一瞬、すぐなんだけど。

後ろから

「あら~!こんにちは!!」

と聞き覚えのある声が。

オバチャンだった。

こっちはいつもの愛想のいいオバチャンだった。

え?さっきのオバちゃんは?
と思ったけどいなかった。

道の構造的に、
前にいたオバチャンが一瞬で後ろに回るのはありえないし、
容姿がすごく個性的なオバチャンなので間違えるはずないと思う。

もし数秒早かったら
オバチャン同士鉢合わせしてたのかな…?

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事