人から聞いた話だから真偽はわからない。

近所に「ハサミ女」と呼ばれる、
頭のおかしい女がいた。

30歳前後、髪は長くボサボサで、
いつも何かを呟きながら笑ってる、
この手の人間のテンプレート。

呼び名の通り、
常に裁ちバサミを持っていて、
シャキシャキと虚空を切っている。

刃物携帯だし、
よく警官に注意され、
連れて行かれるところを皆が見ているが、
本人が温厚(?)な為か、
女の自宅付近にしか出没しない為か、
そこまでの危険視はされてなかったらしい。

友人が小学校を出る頃には、
引っ越したのか死んだのか、
いつのまにか姿を見なくなっていた。

で、友人が中学生時代のある日、
数人と肝試しをしようという話になった。

場所は、
今は無人となっているハサミ女の家。

山の入口に近く、
人気のない場所にポツンと立っている、
トタン張の平屋だ。

盛り上がって向かったはいいが、
暗くて不気味、雰囲気満点の家の様子に、
みなすっかり怖気づいていた。

だが友人は同行してた女子にいいところを見せたかったらしく、
一人、室内に入っていった。
(逆に空気読めてないよな、と後の友人は言ってた。俺もそう思うw)

さて、室内は、
ゴミやら毛糸玉やらが散乱して、
足の踏み場もない状態。

だけどまあ、
特に何が出るといういわくがあるわけでもない。

3部屋ぐらいしかない室内をぐるっと歩き、
見回った証拠に持って帰れるモノはないか、
と物色していた。

んでクローゼットを開いたら、
グラリと大きなモノが倒れ掛かってきた。

パニックになりながらも友人が見たソレは、
巨大なぬいぐるみ。

ただし、
様々なぬいぐるみの頭部だけを乱暴に縫い合わせて人の形にした、
百目みたいなシロモノ。

犬、猫、テディベアといったものから
グリコのおまけみたいな小さい人形まで、
無数の頭がくっついていたという。

友人は半泣きで逃げ出し、
肝試しは大失敗に終わった。

しかも後日、
誰かが先生に告げ口したらしく、
こっぴどいお叱りまで受ける羽目に。

さらに、嫌な後日談がひとつついた。

肝試し事件もあってか、
近隣の人だか警察だかが、
ハサミ女の家を調べにいったらしい。

そこで、ハサミ女の遺体が見つかった。

場所は、
友人に倒れ掛かってきたぬいぐるみの中。

死因は定かではないが、
ハサミ女は、
自分で自分の身体にぬいぐるみの頭部を縫いつけていったらしい。

友人は気づかなかったが、
リアル動物の、
ひからびた首も縫われていたそうだ。

真偽はどうでもいいのだけど、
そんな話を食事しながらしないで欲しい。

話中の友人の空気が読めてないところにだけは、
リアルだなー、と思った。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事