子供の頃の体験談。

幼稚園の時、祖父が亡くなった。

自分はその時、
TVでアニメを見ていたのだが、
突然隣の部屋から大音量で『ハレルヤ』が聞こえてきた。

驚いて部屋を見てみると、
壊れていたはずのラジカセから聞こえてくる。

あまりにも怖かったので、
台所の母親に助けを求めたのだが、

「そんなものは聞こえないわよ」

と追い返され、ますます怖くなった。

しかし、ラジカセから大音量で流れる『ハレルヤ』は止まらず、
とにかく聞こえないようにTVを見続けた。

しばらくすると親が

「おじいちゃん家行くよっ」

と大慌てで俺を抱えて車へ。

するとラジカセの『ハレルヤ』は止まり、
訳も分からず親戚の家に行った。

親戚の家で祖父が亡くなったことを言われ、
俺は混乱して号泣した。

祖父はバリバリの仏教徒でキリスト教ではないはずなのに、
なぜ『ハレルヤ』が聞こえたのか。

しかも『ハレルヤ』はクラシックのような厳かな感じではなく、
どこか嬉しそうな、やっと来たみたいな感じだった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事