ばあちゃんが死んで2年たった。

死んでからもばあちゃんの夢を何回か見てた。

で、そん時も夢にばあちゃんが出て来たんだけど、
バス停に普通に来るバスの中にいたんだ。

中学の時にバス通学でいつも乗ってた汚いバス。

自分は廊下にいて、
ばあちゃんはバスの真ん中くらいの
自分から向かって左の廊下側の席に座ってた。

ばあちゃんはなんにも言わなくて、
ただ笑ってた。

生きてる時と全然変わんない。

肺がんで死んだんだけど、
死んだ時はガリガリだった。

でも夢の中のばあちゃんは、
元気だった時の太ったばあちゃん。

嬉しくてばあちゃんに抱きついた。

でもばあちゃんはなんも言わない。

なんとなく、
ばあちゃんは死んでからも今まで家にいてくれて、
今バスで天国に行くんだなって思った。

自分ちょっと最近ツライことがあって滅入ってた時だったから、
ばあちゃんに

「連れてって!私も一緒に連れてって!」

って何回も叫んだ。

でもばあちゃんはなんにも言わないで笑ってるだけ。

その時、
なんか目の前が光の中に入ったみたいに真っ白になった。

そしたら涙ボロボロ流しながら目が覚めた。

それを親に話したんだけど、
その話を母親の母親(死んだのは父親の母親)に
(一週間くらいしてからかな?)親が話したら、
どうも似たような日にちに似たような夢を見てたって言うんだって。

死んでないほうのばあちゃんが見たのは、
自分の死んだ父親らしいけど、
やっぱりバスに乗ってて、

「これから鶴来(地名)よりずーっと向こうの
花がぎょーっさん咲いとる良いとこに行くんやけど、
おまえも一緒に行かんか?」

って誘われたらしい。

でもなんかだんだん気持ち悪くなって断ったって言ってた。

その夢見たばあちゃん、
身内に不幸がある前には
必ず赤い袈裟を着た坊さんの夢を見るっていう変わったばあちゃんで、
何回か目の坊さんの夢で、
坊さんがバスに乗り込む夢を見たって言うのを聞いた。

よくはわからないけど、
死んだ人は何か乗り物に乗ってあっちに行くのかな?

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事