これは僕のおばちゃん(以下T)の学生の頃の話。

T達の修学旅行は多数決で旅行地が決まり、
長崎に行く事になった。

着いた旅館は山の中腹ほどにあり、
街の明かりが見えて綺麗だった。

大きなガラス窓から夜景を見ていたTは、
ふと窓の下を見た。

真っ暗で何も見えなかったらしいが、
スグに目が慣れて何があるのか把握できた。

あたり一面に並ぶ墓石。

皆が騒ぎだし騒然とする中、
一人の女子生徒が悲鳴をあげ座り込んでしまった。

「先生!いま外を頭のない人が通りました!!」

と半狂乱で叫び出す。

その場にいた生徒達はパニックに陥り、
収拾困難な状態に。

その後、
先生の一言によりパニックは静まり、
なんとか修学旅行をこなして帰って来たらしい。

俺「へぇ~凄い先生だったんだ」

T「でもなぁ……先生、とっさの一言が、

『おいお前ら!
世の中には手や足が無い人もいるんだから、
頭がない人がいてもおかしくない!!』

だったけどね」

俺「……」

人間パニックになると恐ろしい事を口に出すものですね。

そして何の因果かその先生、
今年僕らの修学旅行の引率に決定しました。

修学旅行休もうか本気で迷ってます……

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事