幼稚園の行事で、
雪山の宿泊施設へ泊まりに行きました。
(アウトドア行事が多かった)

小さなホテルに泊まるグループと、
ロッジに泊まるグループに分かれていました。

私はロッジに泊まるグループです。

「寒いねぇ」

とか言いながら、皆で雪を眺めつつ、
施設の食堂でお昼ご飯を食べました。

大学の食堂みたいな、
大きなザワザワとしたところです。

友達と二人で完食し、
ロッジに帰って満足していると、
友達が怪訝そうな顔で聞いてきました。

「A(私)ちゃん、
何でご飯食べてるとき、
友達を無視してたの?」

「友達を?」

「Aちゃんの横に立って、
話しかけてる子がいたじゃん」

友達曰く、
ワンピースを着た女の子が私に話しかけていたのに、
私は目もくれずにご飯を食べていて困ってしまった…
とのことでした。

しかし、うちの幼稚園の制服ではなかったこと、
土足厳禁の食堂で汚いローファーを履いていたことから、

「変な子だったし、まぁいいけど」

と、友達は納得していました。

私は自分の食い意地を反省しつつ、
食堂、うるさかったからな…
よその幼稚園の子だったのかな、と思いました。

「それで、その子何て言ってたの?」

「なんかAちゃんに、
『フデバコさんですか?フデバコさんですか?』
って何回も聞いてたよ。
フデバコさんって何?」

「…?何だろう」

お母さんと離れて心細かったのもあり、
妙に気持ち悪く心に残りました。

でもそこは園児。

夜は先生が皆に本を読んでくれたり、
冷凍みかんを作る(笑)などして、
すっかり忘れてしまいました。

よく寝て次の日、
朝の食堂が騒ぎになっていました。

ホテル組の子が、
何か必死に先生に訴えていました。

内容はこんな感じでした。

男子に酷いいびきをかく子がいて、
女子はちっとも眠れなかった。
(子供なので部屋は男女混合)

腹が立って&好奇心で勝手に皆で部屋の外へ出たら、
廊下の遠くにぽつんと、
何か銀色の横長のケースが落ちていた。

あれは何だろうと皆でつい見ていたら、
ケースから足が生えて…
向こうへひょこひょこ歩いていった。

皆や先生は
「ちゃんと寝ないからだ」
とか、

「おもしれー」
とか、

「幽霊とかの話ないの?」
とか、

相手にしていませんでしたが…
本人達は本気で言っているように見えました。

『銀色の横長のケース』

…それは『カンペン』ではないかな?
とすぐに思いました。

カンペンって、筆箱ですよね…。

筆箱=フデバコ。

ロッジとホテル、
施設の位置関係はもう覚えていませんが、
私が昼間何度も聞かれた『フデバコさん』と、
無関係には思えませんでした。

ホテルの子には女の子の話はしていないので(誰にもしていなかった)、
後付けのお芝居とも考えられないです。

かといって、
足が生えて逃げていったケース(?)、土足の女の子、
どう関係があるのか、今考えても意図がつかめなさすぎて、
不気味で全く分かりません。

女の子はお化け?

自分の無くした筆箱を探して?

…など、それらしいお話を考えてみましたが、
人の形をした私に、

「あなたはフデバコさん?フデバコさん?」

などと話しかけた理由は何だったのでしょうか?

その女の子を気付くことができなくて、
本当によかったとゾッとします。

『はい』と答えたらどうなった?

『違います』と答えたらどうなった?

小さかった私は、
幽霊とは白い着物の女のひとで…
といったイメージしかなかったので、
あまりの得体の知れなさに

「早く家に帰りたい!」

と怯えてしまいました。

見かねた先生が、
美味しいふりかけをご飯にかけてくれました。

もう一泊あったので眠れませんでしたが、
なんとか家に帰りました。

妖怪なのかな、と今では思います。

似たような体験談を聞かないので、
正体や目的は今でも想像できません。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事