一回俺死にそうになったことあるんだよ

死にそうって言うか
強制的に死んだことにされそうだった・・・

うまく表現できん、ごめん

6歳くらいのときかな

風呂上りに
母さんと兄ちゃんと一緒に歯磨きをしてたんだけど
ふっと気づいたらなんか
俺の立ってる斜め上くらいの視点になってんの

そこで気づいたんだけど
俺が俺を見てることになってるんだよ

歯を磨いてる俺は鏡の前で歯磨きをしてるし
鏡にもちゃんと俺がうつってる

じゃあ俺はいったいなんなんだ
って思ったんだよ。

そしたらいきなり誰かに肩を叩かれた

振り返ったら
黒いマントをまとっている外国人?の男が立ってた

めっちゃ眉毛太かった。

誰なんだろうって思ってしばらく黙っていたら。
あっちから話しかけてきた。

死んだのかよだっせー、
みたいな事言われた。

俺と一緒の場所にいるってことは
コイツも死んでんじゃねーのかとか思ったけど
それどころじゃなかった。

こっから会話文になる。

俺「あの・・・俺死んだんですかね・・?」

男「そりゃあここにいるってことはそうだろうな」

俺と男のまわりは全部暗くて
男の姿しか分からなかった。

俺「でも俺死んでないですよ?
だってそこで歯磨きしてるじゃないですか・・・」

男「え?!マジ?・・・・・・
本当だ
お前死んでねーじゃん」

そういった瞬間
男が一気にダルそうになってさ・・・・

お前死んでないけど連れて行くとかいいだしてさ

冗談じゃないって俺もいったんだよ

6歳ながらにしてあの時は冷静だった

俺たちのいるところから
何故か俺の姿がみえるようになっていた。

そしたら男がいきなり狂いだしたのかしらんが
すごい肩をつかまれた。

んでめっちゃ揺さぶられた。

男が必死で俺にいってきた言葉は

「俺が上司に怒られる!!!!!!!」

みたいな感じだった

会社員かと思ったけど
身なりからしてそれは無いと思った。

というか男が突然名前教えてきた。

なんか欧米とか欧州系の名前だった気がする。

なんちゃら・かんちゃら
みたいな感じ

スマン覚えてない。

なんか死神がどーやらかんちゃら言ってたけど
さすがにそんなところまで俺は信じてないけど
本人は言ってた・・・・

嘘くせえ・・・・
って正直思った。

死神とか幽霊とか
そのときは信じてなかった

正直何回もそれらしきもの見てたけど
幻覚とか気のせいですましてたし・・・・・。

んでめっちゃ小言言われた

上司のことつらつらくどくど・・・・(ry

俺は思った

帰れないかもしれない・・・・・・
とそれに加えて
コイツうぜえとも思っていた。

そうしながらも
本物の俺の様子を上から見てたんだけど
俺、歯を磨くこと以外微動だにしないのよ

母さんに話しかけられても一切何にも答えてないのに
母さんは気づいてない

本当に死んでしまうんじゃないかと
本気で思った。

そしたら男がなにを思ったのか
俺に急に優しくなった

男「お前幽霊とか
ほかの人には見えないもん見えるだろ?」

俺は嘘をついた

俺「いえまったくないですよ、そんなの」

男「じゃあなんで俺が見えてるんだよ」

俺は詰んだ。

コイツ見えない設定だったのかよ・・・・

男「まあ返してやるよ
お前はまだ若いしな」

俺「え?・・・あ・・・・はあ・・」

男「お前が死んだら必ず迎えにきてやるから
覚えとけよ」

といわれたかと思うと
本体の俺めがけて背中を押された。

え?っと思ったかと思うと
鏡の前で歯を磨いてた

アイツといたほうを見たけど
やっぱりいなかった

母さんも兄ちゃんも
なにも気づいてないみたいだった

その日は寝たんだけどさ

次の日母さんに話したら
夢だろみたいな事言われた

そう言われたらそうかもしれないと思えたので
そうしておいた。

が、最近またソイツと会った

まったく違う場所で正直焦った

死んだときに会いにくるっていうから
俺は死期が近いのかと
まじで焦っていた

そしたら向こうから話しかけてきた

別に悪霊ってわけじゃなさそうだし
少し話をした

正直変な人だよな

一人で話してるんだもんな、
一人で話してるんだもんなはたから見れば・・・・ 

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事