Aとルームシェアしてた頃の話

その日は友達と遊んでたんだけど
段々気分が悪くなってきて家に帰ることにした

最寄駅まで着くと、
これは病院行ったほうがいいかな?
って思うくらい悪化

Aに病院に行くかもしれないことを伝えようと
電話してみたら出ない

何回も電話しても出なくて
嫌な予感がして家路を急いだ

途中何気なく見たカーブミラーに
黒い大きな物体が走ってくるのが見えた

が、周りには何もない

直感でこれはヤバイ物だと思って
早く家に帰って安心したい

でも家に近づくにつれ
動悸、めまい、吐き気が酷くなる一方で
救急車呼ぼうか悩んだけど
今居る所の住所がわからないし家は近い、
休んだら善くなるかもしれない

取り敢えず家に着いてから考えようと
なんとか帰った

玄関を開けたら
部屋から明かりが漏れていた

Aはいつも寝るときは電気を消している

おかしいなと思い
リビングの電気も点けずに
真っ先に部屋に向かう

ここは開けちゃ駄目だと思いながらも、
恐る恐るドアを開けたら

足が見えた

そこから目線を上にあげると…

Aが首を吊ってた

病院に運ばれたが
結局Aは助からなかった

警察の話だと
死亡推定時刻は
私が気分が悪くなってきた頃だった

Aが死んでからも
しばらくは私の傍にずっとAが居た

死んだ時の恰好のままで…

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事