五年前の夏、
私は一人で百物語をしていた。

厳密に言うと、
夏休みの自由レポートにして出す予定だった。

都市伝説含め、
怖い話の移り変わりや流行を追ったら面白いと思ったのだ。

だから、本、ネット、友人達から…と、
あちこちから怪奇談を集めていた。

三十話集まった日、
ペットのハムスターが一匹死んだ。

泣きながら庭に埋めた。

四十話集まった日、
またハムスターが死んだ。

また泣きながら庭に埋めた。

六十五話集まった頃から、
誰もいない風呂場から女のすすり泣きが聞こえるようになった。

まだ、偶然だと思っていた。

ある日、弟が言った。

「あのさ…笑わないで聞いてくれよ。
風呂場から女の声がしないか?」

私は一人百物語を止めた。

途端にぴたりと女のすすり泣きは止み、
ハムスターは死ななくなった。

夏休みが明け、
私は友人達に言われた。

「…あんた、顔が死人みたいな色だよ」

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事