自分の体験ではないけど、
職場の人から聞いた実話。

旅館で働いている時に、
とある部屋で鴨居に紐を括って自殺した人がいた。

その部屋は壁紙などを新しくして、
何事もなかったかのようにまた使うようになった。

しかし何故かその部屋に泊まったお客さんは、
みんな上着をクローゼットに掛けないで鴨居に掛けるそうで、
その位置が、自殺したときに紐を掛けていた場所なのだと…

他の部屋に泊まったお客さんは
迷わずクローゼットに掛けるのに、
その部屋に泊まったお客さんだけが鴨居に掛けるので、
不思議だったそうだ。

ある時お客さんに

「クローゼットがあるのに、
どうしてそこにかけるんですか?」

と聞いたら、

「いや、別に気にしていなかった」

と答えた。

お客さんは無意識にそこに掛けているけど、
何か感じるものがあるんだなと思ったそうだ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事