20年くらい前の話なんだけど、
営業で外回りしてたら小学生が下校中、
影を踏みながら道を進んでるのを見てたら、
とある人型の影踏んだ途端

「痛っ!」

っておばさんぽい声が聞こえた。

小学生は、
ええ!てな感じで飛びのいて俺を見上げた。

いや、俺じゃないよと首振ると、

「どこの子だい?
あたしが影だと思ったのかい?」

ってまた聞こえたら、
小学生の顔がみるみる青くなり、
その場から駆け足で逃げてった。

取り残された俺は、
これはドッキリじゃないかなと
カメラやスピーカーがないか辺りを見渡してたら、

「あんた、あたしの声聞こえてるね?」

って耳元で囁かれて一瞬飛び跳ねたら、
突然路地から80歳くらいの爺が飛び出して来て、

「こんな所にいたかクソババア!」

と俺に向かって拳を突き出して来た。

俺はびっくりして転んで、
足でドブ板のコンクリートぶち抜いて
ドブ底にいた蛇を踏み殺してしまった。

この話で俺が一番不可解なのは、
厚さ10cmのコンクリートぶち壊した事実。

翌日、同じ道通ったけど、
壊れたドブ板を回収してる市役所の人達が

「交通事故か何かだろうから警察呼んどこうか?」

って話してるのが印象的だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事