小学生の時
父の実家はよく心霊現象が起こるって話をみんなでしてた

そんで不気味な人形の話になって
母や姉があぁあれ怖かったよねと盛り上がってたが
最後に父の実家に行ったのは
俺が小さい頃だから俺は記憶にない。

その人形は特に何かをするわけじゃないんだけど
とにかく不気味だったらしい

そこで母が父の実家に電話して
人形が今どうなってるか聞いてみようと言い出して電話をかけた。

すると祖母が電話にでた

母「夜分遅くにすみません(ry
それであの人形ってまだあります?」

祖母「あれは供養にだしたよ。
あの人形ね、夜中独りでに歩いてたんだよ」

居間が凍りました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事