人から聞いた話。

とある山村に5歳と生まれて間もない二人の兄弟がいて、
真昼間にその兄弟の母親が二人を寝かし着けて
洗濯物を干してたんだって。

終わって戻って見ると二人の姿が無くて、
慌てて探したら庭先から
キャッ、キャッって楽しそうな声が聞こえたんだと。

庭先を見てると
長男が楽しそうに庭先の水捌け様の溝の近くで砂遊びしてるんだが、
赤ちゃんの次男の姿が見当たらない。

母親は長男に聞くが、
長男は砂遊びに夢中になっているのか
聞く耳もたずだった。

探しても探しても見つからないから
焦った母親は警察に連絡して、
辺りは騒然となった。

でも、警察が調べると
赤ちゃんはあっけなく見つかった。

長男の遊んでいた所の水捌け溝に埋められていた。

埋めたのは長男だったんだ。

母親は5歳の長男を咎めた。

「なんでこんな事をしたの!」

って。

長男はこう言った。

「みんなこうなる」

その三ヶ月後にその村は
大雨による土砂崩れで村の半分が埋まり、
多数の死者を出した。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事