夜中にベッドで寝ていると、
人の気配がして、ふと目が覚めました。

家族の者が部屋で何か探し物をしていると思い、
すごく眠かった私はそのまま目をつむっていました。

しばらく経っても、
私の足元の方をウロウロしているようで、
全く出て行きません。

何をしているのだろうと声をかけようとすると、
いきなり興奮した子供のような大きな声がしました。

それは全く聞き覚えのないものだったので、
私はすごく怖くなり、目も開けられず、
ずっと布団の中で震えていました。

ベッドの横から足元の方へ、
また横に来て…の繰り返し。

ぶつぶつ言いながら、
ベッドの周りを行ったり来たりしているよう。

声は小さく、
何を言っているのかはわかりません。

恐怖に凍りついた私は、
やがて寝入ったようでした。

翌朝、家族にその話をすると、
昨夜誰も私の部屋に入ってない、と言います。

でも母が時々、私が横になった後で、
私の部屋のドアを少し開け
様子を見に来たりするのに気付いていたので、
気味が悪いからこれからはやめて欲しい、
と頼みました。

すると母は、
今までそんな事は一度もしていないと言うのです!

でも確かに、そして今でも、
私の部屋のドアがたまに開いて、
誰かがこちらをうかがっているのですが…。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事