急に昔の話を思い出した。

いつの頃だったかはよく覚えてないけど、
小学生の頃だから十年は前。

お爺ちゃんの知り合いから、
ある人形を貰った。

人形劇なんかで使う、
上から糸で吊るして動かせるやつ。

当時の自分は動くのが面白くて、
よく適当に動かしたのを覚えている。

遊び続けるうち、
俺はその人形の声みたいなのが聞こえるようになっていた。

その人形とは他愛のない話ばかりしていたけど、
大事な出来事の直前にはよく教えてくれていたから、
すごく大事にしていた。

ある日、
いつものように人形を動かしながら会話していると、
人形が突然、

「そろそろいかなきゃ、ごめんね」

と言った。

俺は泣きながら

「行かないで」

って頼んだけど、
人形は頑なに

「いかなきゃ」

と言い続けた。

その言い合いをしているうちに、人形は

「いまはなさいとこうかいするよ」

とだけ喋った。

その一言が妙に怖くて、
人形を吊るしていた棒から手を離すと、
人形は床に吸い込まれた。

消える瞬間に、

「こうならなくてよかったね。
いままでたのしかったよ」

とだけ聞こえた。

夢だったらそれで良いんだけど、
親なんかはその人形で遊んでいたことを覚えているし、

「昔はよく予知してたよね」

なんて言われることがあるから、
事実だと思う。

それと、人形が最後に言った

「こうならなくてよかったね」

ってのが、思い出す度に気になっている。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事