昔なんだけど、
俺は友達と地元の神社の祭りに行った。

そのころ俺は中学生で、
まぁ、無茶もやってしまうような
好奇心旺盛な少年だったわけだ。

それで、俺は友達を誘って、
神社の、さらに奥のほうの暗い道に行こうといった。

その暗い道っていうのは、
昔からよくないうわさが絶えないような、
いわば心霊スポットといわれるような場所だった。

もちろん友達もそのことを知っていて、

「いやだよ、おれは」

なんていっていた。

「ばっか、男なら行ってみなきゃいけないんだよ」

って俺は説得して、
嫌がる友達をむりに連れてその道に入った。

暗い道は、本当に真っ暗で何も見えなくて、
雑木林になっていて、気温は夏なのに嫌に低いし、
生き物の声さえしない。

何にも知らない人が来たって、
ここは嫌な場所だと思うような感じだった。

「なぁ、もう帰らない?」

怖くなったのか友達はそういった。

けれども、俺は一度行くと言った以上
完全に見て回るまでは帰りたくなかった。

「嫌だよ、まだ見るんだよ」

「俺もう怖いよ。もう帰っていいか?」

「だめだよ」

俺はそういったけれど、友達は

「もうだめだ。帰るわ」

そういって走ってどっかに行ってしまった。

どうしようもない俗物だと俺は思いながら、
しばらく雑木林の中を探索し続けた。

しばらくすると暗がりの中から
どこからかわかんないけど
友達の情けない声が聞こえてきた。

「なぁ、こうゆう怖いところに冗談半分で入ると、
出るっていうじゃん、やめとけよ~」

「はっ、お前、帰り道すら怖いのか?
情けないなぁ。出るわけないだろーが」

それでもやつはしつこく続けた

「いや、出るらしいよ・・・」

まだそんなねぼけたこと言ってるのかって
俺は苛立って無視した。

無視してしばらく歩いているうちに
ある違和感に気がついた。

・・・・・ん?
さっきの、男の声だけど友達の声じゃねーなぁ。?

そのとき、俺はもう急に背筋が寒くなって、
怖くなって、そんな時にまた声が聞こえた



「俺がもう出てるじゃねーか」

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事