ある寮での出来事。

同室の先輩と後輩が夜中にトイレに行った。

後輩は寮に入ったばかりなので
薄暗い廊下の向うにあるトイレは苦手だった。

先輩がトイレに行くと言うのを待っていたのだ。

トイレは個室が5つ、
総て空いていた。

どうやら自分たちだけのようだ。

先輩の隣の個室に入り用を足していた。

水の流れる音がして
先輩がドアを開ける音がして
一人になってしまう恐怖から

「先輩、お願い待っていてください」

と声をかけた。

先輩は

「ええ~」

と一言。

「お願いします」

と何度も言った。

先輩が待っていると
思い早く終わらせなければと思ったが中々出ない。

緊張からか腸が拒否をしているようだ

「すみません、もう少しなんで」

と声をかけると

「良いよ~、ゆっくりで」

と声が帰って来た。

ホッとして緊張が緩んだせいか
他愛のないおしゃべりを仕始めた。

先輩は

「そうかぁ~」

とそのたびに相槌をうってくれた。

水を流して個室を出ると誰もいない。

急いで手を洗い
廊下に飛び出すと先輩は
自室の前で待っていてくれた。

自室からはトイレの入り口が丸見えになっている。

「先輩最後まで待っていてくださいよ~」

と声をかけたら

「えっ、ずっとここで待っていたけど?」

と、先輩は自分が用を足し終えると
すぐにトイレを出て自室に向かった。

でも後輩が気になり
トイレが見える部屋の前で待っていた。

「だって、先輩先に出て待っていてくれたんじゃないですか」

「ううん、すぐに出たよ」

「ずっと喋っていたじゃないですか」

「……、とにかく部屋に入ろう」

先に出た先輩は誰もトイレに入って来なかった事を告げ、
あのトイレは時々そういう事があるらしい事を教えてくれた。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事