何年か前、
妹から聞いた話だ。

それは、
妹が近所のお寺から帰宅する途中の事だった。

照りつける夏の日差しと、
けたたましい蝉の声にうんざりしながら、
妹は近道をしようと裏道に入った。

然し、何かがおかしい。

如何やら道を間違えてしまったようで、
見た事が無い風景が広がっていた。

住宅街を歩いていた筈なのに、
いつの間にか左右に田んぼが広がっており、
周囲は竹林で囲まれていた。

前方には小屋があり、
モーター音のようなものが聞こえてくる。

人影は、無い。

進んでも抜けられる保証は無いと悟った妹は、
直ぐに引き返そうと思った。

だが、その時、
妹の耳に「りぃん」と鈴の音が届いた。

背筋に冷たいものを感じた妹は、
踵を返さずに進む事にした。

妹が歩を進めると、
「りぃん、りぃん」と鈴の音が響く。

最初は鍵に付いたアクセサリの所為だと思っていた。

否、思い込もうとした。

だが、そもそも、
鍵に鈴など付いていない。

徐々に大きくなっていく鈴の音は、
明らかに背後から聞こえていた。

妹は追い立てられるように歩く。

鈴の音は付いて来る。

いつの間にか、
蝉の鳴き声は止んでいた。

田んぼの稲穂は枯れており、
生温い風に揺られて手招きをしている。

気付けば、
小屋がすぐ目の前に迫っていた。

もしかしたら、
人が居るかもしれない。

藁に縋る思いで小屋に向かったのだが、
その時、気付いてしまった。

小屋の中からする音は、
モーター音などでは無かった。

「おぉおん、おぉおん」

と地を這うような呻き声だったのだ。

その小屋に行ってはいけない。

そう思った妹は、
小屋の前を通り過ぎ、
兎に角、先を急いだ。

鈴の音に追いつかれたら、
どうなってしまうのだろう。

小屋の中に居る「何か」に気付かれたらどうしよう、
と恐怖しながら。

暫くして、
さあっと視界が開けた。

目の前に広がったのは、
見覚えがある大通りだった。

排気ガスと焼けたアスファルトの匂いが、
妹を現実に引き戻す。

鈴の音はもう聞こえない。

背後を振り返ると、
自分が知っている細道が続いているだけであった。

あれは一体何だったのだろうか。

蝉の鳴き声が茹だる空気を揺るがす中、
妹は呆然と立ち尽くしていた。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事