15年くらい前の話です。

ちなみに女です。

夜出発で友達と海への旅行を控え、
シャワーを浴びて髪をドライヤーで乾かしていました。

そこはお風呂場の前室で、
ちょっとした小窓があります。

暑いので窓を空けて
何気なく窓の外の隣の家の屋根を見ると、
その向こうの方に何か光る物が見えます。

なんだろう。

髪を乾かす手を止めて
じーっと見てみると
遠くの方に強く光る小さな物体がありました。

あっ、UFOだ。

あまりに突然の出来事に怖さなどよりも
ワクワク感が強く、
こちらが見つかったら嫌なので電気を消して
またドライヤーをかけながら見ていました。

髪を乾かし終わっても
まだゆらゆら動いているので、
旅行の話題にもなると思い
写真に撮って見ようと
簡易ポラロイドカメラのチェキ
(当時はそれしかカメラを持ってなかった)を部屋に取りに。

戻ってもまだフワフワと動く物体。

チェキを構えてシャッターを切ると
ストロボがピカッ。

あっ光っちゃったと思った直後、
その光る物体がどんどん大きくなる。

あきらかに物体が大きくなって来たので
見つかったのかもしれないと思い、
恐怖でそっと窓を締めて
まだ起きている居間の家族のもとへ。

今の出来事を母や姉に話し、
カメラの写真を見せると、
流石に何も写ってなくて信じてもらえない。

旅行の為、
友達の迎えも来るのであまりゆっくりも出来ず、
居間で化粧などしながら
UFOの事もあまり気にならなくなり雑談。

その後は何事もなく友達と海へ出発しました。

そして一泊の旅行も終わり(実質0拍です)
家に帰ると何か問題があった風。

何かあったの?と母に聞くと
昨夜姉の部屋に不審者が入って
イタズラされたって大事件。

警察も来て姉も聴取されて
大変だったみたいです。

当の姉からは
何故か私がめちゃめちゃ怒られて、
どうしたの?と話を聞くと。

要約。

昨夜寝静まってから急に金縛りみたいになり、
気付いたら部屋に誰か人がいる。

それも何人か。

起きたくても体は動かなくて
その人達に体を触られまくったり何かされてる。

それも1時間くらい長い時間に感じたらしい。

姉の体には無数のあざ。

体が動けるようになった時には
誰も部屋にいなかったけれど、
怖くなって母に話し
あざもあるので警察へ連絡。

家は鍵がかかっており、
押し入られた形跡もなく、
思い当たるのは妹が昨夜見たUFOのことくらい。

それで私に怒ってた。

実際に警察も来たので
15年くらい前の神戸市内の警察の方なら
知っているかもしれません。

もし私が旅行へ行かなければ
私がそうなっていたかもしれないし、
姉には申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

後日談です。

UFO事件のあと、
姉は何事もなく今も元気に暮らしています。

そして私ですが、
その後UFOに見張られているというか
付きまとわれるようなことが
2年近く続きました。

付きまとわれるとはこんな感じです。

事件から2ヶ月近く経った頃、
ある日自転車に乗って街中を普通に走っていると、
ふと気付いたら前方の空に何かが浮かんでる。

思わず自転車を停め

あっ、UFOだっ。

その時は姉の件があったので
正直怖くてどうしよう…って感じ。

そのUFOは光っていなくて真っ黒。

回りの建物の感じから見て
遠くではなく本当にすぐそこ。

距離にしたら1キロないくらいに浮かんでる。

説明しにくいけれど
リアルにそこにいるんです。

これが伝わりにくいですね。

この時は街中もあり、
もちろん人もちらほらいるので
とにかく何処かに入ろうと
近くのファーストフードに入りました。

怖くて仕方なかったけれど
小一時間過ごしてお店を出ると
UFOはいなくなってました。

ただこれだけなんですが、
こんなことが2年間で何度となく。

一番近くで見えたのがこの最初の時で、
一番長く付いて来たのは日中ほぼまるまる。

付きまといがなくなったのには特に理由もなく、
この話だけだと恐怖感が伝わらないんです。

でも私には怖かった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事