子供の頃。

当時、以前に発症した盲腸が再発しそうだってんで、
家族は俺の事を心配してた。

そんな中、お袋の実家に帰省した時の事、
近くにある不思議な石?に、
俺の盲腸が再発するかどうか聞いてやる、
ってばあちゃんが言い出して、
お袋と三人でその石がある所へいった。

記憶によれば結構大きな石で、
ばあちゃんいわく

「この石は何でも答えてくれる石」

だそうだ。

聞きたい事を言ってから石を持ち上げた時、
すんなり持ち上がれば答えはYES。

逆にビクともしなければ答えはNOらしい。

ばあちゃんが

「○○(俺)の盲腸はもう出ない」

って言って、
石をヒョイと持ち上げた。

今度は

「○○はまた盲腸になる」

って言って、石を持ち上げようとした。

ばあちゃんは

「あぁ~重たい、持ち上がらんわ」

と言って、

「○○の盲腸はもう出んから心配すんな」

と言った。

子供心に俺は、

「ばあちゃん優しいな。絶対わざとだこれ」

なんて思ってたら、
傍で笑ってたお袋が

「私もやる」

と言い出して、
ばあちゃんと全く同じ事やった。

したらば結果は同じで、お袋は

「本当だ、嘘じゃない」

と言って、若干ビビリ出した。

俺はどうにも信じられなくて、
ばあちゃんと一緒に自分でやった。

結果は同じ。

それでもヒネくれてた俺は、
一人でやると言いだし自分でやってみた。

まじでビビった。

おおよそ子供には持ち上がらん様な石が、
ひょいと持ち上がったり、
踏ん張ってるかの如く持ち上がらんかったり。

どっかにスイッチが付いてるんじゃないだろうか?とか、
交互に『上がる』『上がらない』が出来る様になってるんだろうか?
とか色々考えたが、そんな様子は無かった。

そうこうしてる内に

「あんまり聞くと怒らはる」

とばあちゃんが言い出し、
俺達は家に帰った。

おかげ様かどうか、
実際盲腸は出ずに過ごしてる。

なんかの神様だったんだろうか?

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事