最初に「それ」を見たのは学生の頃。

当時は昼夜逆転の生活をしていて、
その日も昼過ぎまで寝ていた。

ちょうど眠りが浅くなる周期だったのかもしれない。

普段なら多少の物音では目を覚まさないのだが、
その時はなぜか自分の周囲が気になった。

目を閉じたまま、耳を澄ませてみる。

ギュッ、ギュッ。

2ヶ所で布団が沈み込む感覚。

横向きに寝ている俺の脚を、
ちょうどまたぐような位置……。

当時の俺のアパートは、
6畳一間の部屋の中に、こたつに衣装ケース、
カラーボックスに布団で畳がほとんど埋め尽くされていた。

実際に部屋の中を人が動こうとすれば、
そのようになるだろう。

ギュッ、ギュッ。

気配が移動する。

俺の腹をまたいでいる。

誰だ……?鍵を閉め忘れただろうか?

ギュッ。

また動いた。

俺の顔の目の前。

薄目で見ようとした。

ジーパンの脚が見えた。

目線を上に動かす勇気はなかった。

目を閉じ、寝たふりをする。

気配は頭の上を過ぎ、
また脚の方へ戻っていった。

どれくらいたったか……。

気づくと、気配を感じなくなっていた。

俺は体を起こし、
玄関の鍵を確かめようとした。

なぜかひどく目まいがして、
立ち上がれない。

四つん這いで布団から這い出て、
いつも開けっ放しの引き戸の向こうを見る。

玄関横の台所のあたりに、
文字通り「人影」がいた。

人の形はしているが、
真っ黒で立体感がなく、
輪郭もぼやけている。

それでも、
「影」が流しの下の戸棚に手を伸ばしているのがわかった。

そこには包丁が──!

そこで俺の意識は遠のいた。

意識が戻ったとき、
体は布団の中にいた。

再び起き上がる。

目まいはない。

あの人影も、どこにもいない。

玄関へ向かう。

鍵はしっかりと掛かっていた。

俺は、夢でも見ていたのか?

それから、数年が経った。

俺は就職のために引っ越し、
そこでもアパートを借りた。

今度は11畳の広い部屋だ。

就職して数ヶ月は、
朝起きて夜寝る生活リズムに慣れるのに苦労した。

そんな頃……「影」は再び、姿を現した。

明日も仕事だというのに夜更かししてしまい、
床に就いたのは午前2時を過ぎたあたりだった。

もう少しで丑三つ時になる……などとは、
このときは露ほども思っていなかった。

初めて金縛りを経験した。

頭ははっきりしているのに、
体が動かない。

戸惑いながらも、
何気なく部屋の引き戸に目をやった。

──開いている。

必ず閉めたはずの引き戸が。

その奥に広がる闇に、「それ」はいた。

「それ」はまたしても、
台所へ向かっていった。

不意に、もやがかかるように視界がぼやけた。

次の瞬間、目に映ったのは、
閉まっている引き戸だった。

そこから俺の意識は飛んでしまい、
気づくと朝だった。

それからまた数日後……三度、「影」が現れた。

深夜、金縛りにかかったことに気づき、
俺は目を見開いた。

枕元に「影」が立っている。

握った右手を、
頭の横に持ってきているように見えた。

右手が何故か白っぽい。

──違う!

右手に光るものを持っている!

刃物だ!!

俺は、「影」の顔のあたりをにらめつけ、
全身に力を込めた。

理屈ではなかった。

どうにかなるとも思っていなかった。

その時だった。

霧が晴れていくように、
「影」は姿を消した。

それとともに金縛りも解けた。

辺りをゆっくりと見回す。

普段通りの薄暗い空間だけが、
俺の周りに広がっていた。

それ以来、「影」は俺の目の前に現れていない。

最後に「影」を見てから、
また数年が経とうとしている。

いったい、奴は何だったのか。

なぜ俺のところに現れたのか。

今度現れたら、
直接聞いてみてもいいかもしれない。

答えてくれるとは、思えないが。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事