絶対に幽霊を信じないって友達が体験した話

その子が夜遅く、
仕事が終わり家に帰って疲れていたので
着替えもせず寝た

しばらく普通に寝てたんだけど、
何か身体が重い

すると携帯の着うたが流れ始めた。

曲は倖田來未の「you」

寝ぼけながら携帯を取ろうとして、
ふと気づいた

「あれ・・・私この着うた持ってない」

その瞬間
足に何かが圧し掛かった感じがして
金縛りにあった

気合いでその金縛りを解こうと目を少し開けてみると
同じ顔の女が二人、
足にしがみ付きながら物凄い速さで携帯を操作しているんだ

恐怖で目を閉じようとしても動けない

すると同じ顔の女二人が顔の近くに迫ってくる

「もう駄目!」

と思った瞬間、
夢から目覚め時のように、
ぼーっと目が開いた

「なんだ夢か・・・怖かったなぁ・・・」

と一息ついて携帯を見てみると
着信ありが数十件、
怖くなって泣きながら母の部屋まで走った

母は

「泣くな泣くな」

と言って慰めてくれた

しばらくして落ち着き、
朝食を済ませ
仕事に行こうとすると
母が凄い形相で呼び止めた

母「あんたじゃないよね・・・この留守電は?」

「え?」

留守電にはその子の

「助けてええええええええ」

と叫び声が入っていた。

未だにこんな体験をした友達は幽霊を信じないらしい

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事