ある朝、自転車通勤中に信号待ちをしていたら後ろから
「〇〇さん!」と声をかけられたので
振り向いたら会社の先輩(女)が車の中から手を振っていました。

軽く挨拶してすぐ前を向いたのですが、
違和感に気付きました。

助手席に人が乗っていたのです。

女性で、肩にかかる長さの茶色い髪、
ほっそりした色白の顔で、
下を向いていました。

同じ部署の先輩に似ていたので、
あれ?二人で出勤?変だなと思って
もう一度振り返ったら、
どうみても運転席の先輩一人だけ。

すぐ信号が変わって、
車は発進していったのですが、
やはり一人しか乗っていません。

錯覚にしては、
あまりにも鮮明に助手席の女性を思い出すことができます。

白い服で、
薄い黄色のカーディガンを羽織っていました。

先輩にその話をしても恐がらせるだけなので黙っていました。

その日の帰りは遅めで、
8時近い時間になりました。

自転車に乗って帰るとき、
会社の駐車場でたたずむ
朝と全く同じ女性を見てしまいました。

先輩の車もあります。

色々考えていたら怖くなってきて、
早く家へ帰りたいと思いましたが、
近道の裏道は怖いので、
少し大きめの道路を走っているのに、
その日はやけに交通量が少なく、
稀に車が走るくらいで、
いつもいるはずの自転車や歩行者が全くいません。

そのうち、気のせいか車道と反対側の左側から、
人の息遣いのようなものが聞こえてきました。

とにかく急いで交通量の多い通りへ出て、
途中のスーパーへ入りました。

人がたくさんいて、
落ち着いてきました。

店の中から自転車を見ましたが、
あの女性はいませんでした。

そのまま家へ帰りました。

次の日は土曜で自転車を使わなかったのですが、
日曜に自転車を見たら
左のハンドル部分の先が擦れたようになってちぎれかけていて、
左のペダルの反射板が割れて欠けていました。

少なくともハンドルは、
金曜はそうではありませんでした。

偶然の悪戯かもしれませんが、
気味が悪いので部品交換してもらいました。

翌日、出勤したら例の先輩が日曜に車に乗っていて
横からの追突事故にあって、
むちうち、肋骨骨折で入院したことを知りました。

車は廃車だそうです。

ちなみに車は中古車でした。

私はその半年後、
転職して引っ越す際に、
自転車を廃棄しました。

先輩は今は髄液減少症で苦しんでいます。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事