高2の夏休みのときの話。

俺は友人二人で(AとBとする)と買い物に行っていたんだ。

突然、雨が降ってきたんだ。

傘を持っていない俺達は大慌てだった。

すぐさま近くにあった屋根付きのバス停に避難した。

「雨の予報なんてなかったよな?」

なんて友達と言い合いながら、
Bがスマホで

「あぁ、これゲリラ豪雨ってやつだ」

とかTwitter見て確認してた。

仕方がないので雨が止むまで待とうということになった。

雨は周りが白く見えるんじゃないかってほど激しく降ってた。

時々雷が鳴って、
雷が苦手な俺はビビってAとBに笑われてた。

何分くらい経ったのか、
俺達は無言で雨が止むのを待ってたんだ。

するとBが

「あれ?人がこっちに来るぞ」

と言った。

Bが指差した方を観ると
確かに前方から女の人がこちらに歩いて来てる。

俺「雨宿りか?」

B「そうか?
雨宿りならもっと走ってくるだろ」

A「ってか、傘差してるじゃん。
バスに乗る人だろ普通」

そんな会話をしていたら
その女の人は俺達の近くまで来た。

その女は長髪で黒いワンピースを着ていた。

黒いレース模様の傘をさしていた。

そして片方には黒い傘を3本携えている。

その女は俺達の前に立ち止まり、
3本の傘を俺らに差し出した。

A「えっと、すいません。
俺らに傘を貸してくれるんですか?」

Aがそう聞くと
女の人が静かに頷いた。

A「どうする?
貸してもらう?」

俺「いやいや、
知らない人に傘を貰うのかよ」

B「それもそうだな…」

A「よし、わかった」

俺らは傘を断った。

A「すいません。
お気持ちは嬉いんですが、
遠慮させていただきます」

すると女は差し出した傘を引っ込めて
そのままどこかへ歩いていった。

女の姿が見えなくなると

B「今の女の人の顔見たか?」

と聞いてきた。

B「顔が恐ろしく白い気がしたんだ…」

と言うから俺らは笑った。

俺が

「気のせいだろ?
傘も服も黒かったから顔が白く見えたんだろ」

と笑ってやったら、
BとAの顔が曇る。

B「ちょっと待て、あの女は赤かったじゃないか!」

A「は?俺は白かったぞ?」

俺「ちょっと待てよ。怖いよ。
なんで全員あの女の色が違うんだよ」

俺達は3人で雨が止むまで、
女の消えていった方をみるだけだった……。

特にその後、なにか起きたとかは無かった。

ただ、Bはその後に風邪を1週間くらい患って
夏休みのほとんどを潰した。

傘を受け取ってたらどうなってたんだろうな……。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事