当時、僕は胃癌で入院していて、
その退院の日のことなんですけれど、
退院する僕を家族で待っていたとき、
母親だけが院内に迎えに来たんです。

聞いてみれば、
他の家族の皆(兄貴、弟)は病院の駐車場で待っているそうで。

それを聞いて、
ああ、父は仕事だから仕方ないな、
とか思っていたんです。

それで、手続きが終わって、
兄と弟が待つ車に入ったときの事です。

突然兄貴と弟が驚いた顔をして、
僕を向かい入れた。

僕が

「どうかしたのかい?」

と聞けば、
この時より凡そ五分ほど前に、
僕が車に乗ったのを確認していたらしい。

そのときに、
車に乗った僕らしき人物は、
兄と弟にこういったそうだ。

「俺が、お前らの兄弟の代わりになっちまった。
兄弟を大切にしろよ」

と。

そのあと、車を出て行った数分後に、
僕が母親に連れられて車に乗ってきたらしい。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事