ある島に彼女といった時の話。

そこは心霊スポットとして有名な北陸の島です。

2008年頃の事。

その時は心霊スポットだって事知らなかった。

観光でした。

その島は大きくなく
15分くらいで一周できるんですね。

島のスタートに鳥居がありまして
彼女と相談して
僕は時計回り
彼女は右回りで
島の真ん中で落ち合おうとした話のことです。

夕方だったので
薄暗くなっていましたね。

僕は早足で、
細い道を歩いて行きました。

そして、
島の燈台のようなところが見える中間地点へ。

それが待っても
反対側から来るはずの彼女が来ないんです。

20分くらい待ったかな。

こない。

僕は薄暗くなってきたけど
海辺のところで3人談笑しているおじさんもいたし、
まだ大丈夫だろうと安心していましたが
20分してからあまりにも遅いと心配になりまして、
進んでいきました。

この20分の間は、
何度も電話をかけたけれども電話に出ない。

薄暗いので周りをよく見ながら歩いていくと
彼女はいない。

そのまま一周、
島の鳥居のところまでスタート地点まで戻ってきました。

そしたら彼女を無事発見。

彼も一周して戻ってきたそうです。

ちなみに、
燈台のところで少し待っていたそうです。

なぜ合わなかったんだろう。

もうすっかり暗くなっていたので
そそくさと島を出ました。

帰りのバスの中で、
着信履歴がない事、
彼女はおじさんを見ていない事。

考えてみればおじさんたちは、
真っ暗なのに島で何をしていたのだろう
って話をしていてちょっと怖かった。

まあホントの話

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事