大学時代最後の夏休みに体験した出来事です。

女友達と二人である離島に旅行に行き、
島内を適当に散策していた。

突然、どこから出てきたのか気づかなかったが、
目の前に男が現れ、俺達に助けを求めた。

連れが怪我をしている、
助けてくれと俺達に訴えた。

男の片腕は変な方に曲がって肩からダラリとしており、
痛がる素振りはなかったが、
骨が折れているのは明白だった。

俺たちは走る男についていった。

遊歩道を抜け、
草むらから雑木林に入った。

その瞬間、
数メートル離れてついてきた友達が、

危ない!

と叫んだ。

ふっと足を止め振り返ると、
青い顔をしている。

改めて前を見ると、林などなく、
目の前は断崖絶壁だった。

もう数歩も進んでいたら落ちていたのではないか。

先導していた男はいつの間にか消えていた。

友達が言うには、
前を走る男の姿は見えていた。

しかし、俺の見た林などなく、
警告板を無視して崖に向かって走っていく俺たちを見て、
怖くなり声をかけたという。

男がいつの間に消えたのか、
結局わからなかった。

俺はたしかに林を見ており、
その光景や虫の鳴き声なども覚えている。

しかしどういうわけか振り返った先は崖だった。

男は坊主頭に派手な柄のシャツで、
どことなく悪そうな雰囲気だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事