あれは、僕が幼い頃(5~6歳だったと思う)の体験で
僕の家には和室があるのですが、その部屋には京人形らしきものがあります。

その人形の話なんですが、毎晩動くんですよ・・・。

僕は幼い頃はいつも10時ごろに寝ていました。

そして僕はかなりのおばぁちゃんっ子だったので、その部屋で一緒に寝ていたんです。
そして僕は毎晩のように、3時になると目が覚めて横をみると
廊下の奥からその人形がこちらにむかって歩いてくるんですよ!

怖くなって僕は

「おばぁちゃん!人形が・・・。!!」

と言って起こすと、おばぁちゃんは、
廊下に向かって行きその人形を押し返すような仕草をするんです。

すると人形はまた廊下の奥の方へ消えていくんですよ!

朝になってその人形をみるといつものように、ショーケースに収まっているのです。

それが、毎晩のように続いたんですよ。

あれから10年以上過ぎたある日おばぁちゃんと家族で怪談というほどのものでもないですが
そういった話をしているときに、そう言えば僕は、幼い頃に人形が来る夢をよく見ていたよ。

と家族全員にいうと、おばぁちゃんが

「そういや~アンタは小さい頃、人形がくる!人形がくる!っていうから
おばぁちゃん毎晩3時ごろおこされて、見えもせぇ~へんもんを押し返しとったわ!」

って言ったんです。

僕は凍りつきました。

「アレは夢じゃないんだ・・・。」

というような体験です。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事