うちの母は大の動物好き。

テレビでどんな人間ドキュメントがあってもしらけ顔なのに、
動物物となると号泣できる。

そんな母がある日、
父の生家のある田舎道を歩いていると、

「もしもし、そこのお方」

と呼び止められた。

「??」

と辺りを見回すと、後ろに白猫が一匹。

猫が一鳴きすると、
垣根から痩せこけた子猫がゾロゾロ出てきた。

「何か欲しいの?」

と白猫に聞くと、

「にゃんでも構いません」

と答えたので、
パンを一袋買って置いてきたそうだ。

母はこれを真面目に話してきた。

まぁ、動物好きで野良猫を病院に連れてくような母だ。

お礼に(?)三日三晩、
玄関にモグラを持ってくる猫の姿を目撃している自分としては、
あり得ない話ではない…気もする。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事