今年のお盆に地元に帰省して、
一人で墓参り行ったときのこと。

実家の墓がある墓地は、
駐車場を一段上がったところに広い墓地が広がってて、
さらに奥に行くとさらに階段があって、
そこを登ると小さい墓地が点在してる構造になってる。

広いほうの墓地にある実家の墓参りを済ませたあと、
数年ぶりに帰ってきたことだし、
ちょっと散策するかなって気になった。

奥の階段を登るとちょっとした小道になってて、
墓地の反対側まで抜けることができた記憶があったので、
ずんずん進んでいった。

途中、ちょっと開けたところにまた墓地があったんだが、
その左奥にある墓が目にとまって、
なんの気なしに近づいたんだ。

それは随分と古い墓で、
墓石の一部は苔生しており、
もう長いこと人がお参りしていないような雰囲気だった。

あまり無関係な墓に近づくのもアレだしと思って、
すぐにその場を離れようとしたんだが、
その時、不意に

「エツコさん、随分と遅くなりました」

って言葉が口をついて出てきたんだ。

まったくの無意識で呟いた言葉で、
自分でもなんでそんなことを言ったのか訳が分からず、
えっ?何?俺何言った??って混乱していると、
ラジオみたいな声というか音が頭の中に鳴り響きはじめた。

それと同時に、
とてつもなく胸が締め付けられる感覚に襲われて、

『ああ、みんな死んでしまったんだな』

っていう、
懐かしいような悲しいようなそんな感情に包まれ始めた。

得体のしれない感情に怖くなった俺は、
慌ててその場を逃げ出した。

特にこれといった後日談もなく、
それだけのことなんだが、
俺にとってはかなり不可解な体験だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事