俺が高校生くらいの時の話。

自室で、
北側に足を向けて眠っていたんだが、
夜中に急にはっきりと目が覚めた。

なぜだか分からないが、
部屋の北東の隅、
天井と壁の境目あたりが妙に気になって、
そこを凝視していたら、室内なのに、
やけに遠くの方に女性が立っているのが見えた。

女性はこちらに背を向けていて、
腰まである黒髪に、
赤いワンピースを着ている。

意識ははっきりしていたが、
目覚めたばかりということもあり、
俺はそれを見続けていた。

すると、女性はゆっくりと振り返り、
口が裂けるほどにニヤァ・・・と笑った。

その瞬間に体の自由が利かなくなって、
自分の周りにものすごく嫌な気配がした。

あまりの恐怖で、
全身に嫌な汗をかきながら必死で目を瞑り、
気がついたときには朝だった。

その朝、その体験を兄に話したところ、
俺がその体験をした日の前日に、
同じような体験をしたという。

兄も俺と同じく北側に足を向けて寝ており、
夜中に目が覚め、
部屋の北東の隅を凝視していると、
女性の後姿(風貌は同じだが、ワンピースは黒だったらしい)。

それがゆっくりと振り返り、
その女性の顔が、
一瞬で息がかかるほどの目の前までドンッ!と迫り、
口が裂けるほどに
ニヤァ・・・と笑った後、
金縛りに遭ったとのこと。

俺と兄はお互いに知りえなかったことを
同じ様な時に体験したことに恐怖したが、
それ以降、特に何も起こっていない。

話はここまでなんだけど、
黒髪、ワンピース、口が裂けるほど笑う女って、
シチュエーションは違えど色んな人が見てないか?

一体なんなんだ・・・。

普遍的無意識の住人とかか・・・

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事