一人繁華街を歩いてると、
ガラス張りのカフェ店内窓際席にて一人でいる友子を見つけた。

友子携帯に電話し驚かそうしたが、
友子は電話に気づかない。

じっと座り、
目を左右にキョロキョロと動かして人の流れを見ている。

窓をノックしようと電話かけた状態でウィンドウに近づくと、
友子が電話に出た。

「今○○にいる。
友子を見かけたから電話した」

と言うと、
友子は今家でテレビみてるとの事。

みると喫茶店の友子は電話なんてしてない。

人違いかと思ったが、喫茶店の友子は
私が誕生日にプレゼントしたカバンとストラップ(手作り)を持っている。

服も友子がよく着ているもの。

電話でそれを告げると、

『今からその服を着てカバンを持って行くから待ってて!』

とはしゃいでいた。

段々と電話の方が身内のイタズラな気がして、
通話したまま喫茶店のウィンドウを軽くノックして振ってみた。

喫茶店の友子はにこっと顔をこちらへ向けてきた。

やっぱり友子だった。

喫茶店の友子が本物で電話は偽物なんだと思った。

「イタズラやめて。誰よ?(笑)」

『え?友子だよ!』

「もういいから(笑)」

『ほんとに家にいるの!!』

電話からの声は友子そのものだった。

混乱していたら喫茶店友子が立ち上がり、
こちらを指差し、
急に顔を真っ赤にしてかなりの剣幕で怒りだした。

そしてカバンを掴み、
出入口向かってに全力で駆け出した。

その剣幕に私も思わず全速力で逃げた。

後ろから金切り声で、

「私子ぉ!!うああ~!私子ぉ!」

と聞こえたが振り返れなかった。

ただの他人のそら似かもだけど、
そしたら私の名前を知ってて
ストラップを持ってる事の説明がつかず謎。

以上です。

しりすぼみですみません…

結局友子同士対決はしてません。

あの勢いのまま半泣きで友子の家まで行くと普通にいました。

偽友子と私はその後何度か出会ってます。

ちなみに電話を切らずに逃げたため、

「私子ぉ!」

てのは彼女に聞こえていました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事