25歳時のある夏の話です。

自分は伊豆高原の友達の別荘を目指し、
助手席の友人と海沿いのバイパスを急いでいました。

深夜2時位なので、
伊東港を越えると周囲は真っ暗でしたが、
カーブを曲がった瞬間ヘッドライトに突然

「自転車のハンドルを握ってこっちを睨み付ける青年」
が浮かびあがりました。

しかも車道の真ん中です。

「うわっ」

びっくりして急ハンドルを切って
何とか回避しました。

「あぶねー奴だ。あぁ事故らないでよかった」

としか思いませんでした。

しかし赤いヘルメットと
血走った物凄い目が何故か目に焼き付いて、
2人とも何となく無口のまま目的地に着きました。

そして2日後の夕方帰り道で
同じ場所を通りかかったのです。

「ここで事故りそうになってさぁ」

と説明した場所には花束が沢山積んでありました。

別の車に分乗して帰った友人に早速電話したら、
彼女は沈黙した後

「実はあの青年の腰から下は透明だった。
ドライバーを動揺させまいと黙っていたけど、
助手席からは凄くよく見えた」

と震える声で語ってくれました。

自分は霊感はまったくないのですが、
あれは一体何だったんでしょうか?

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事