知り合いの霊能力がある人の話

いや普通霊能者って言えば
なんか厳かな感じの人が多いというイメージあるんだが(俺だけ?)
知り合いの人はそこら辺に居そうな
筋トレ好きな体育会系のおっさん(ちなみに空手有段)なのよね

でまぁ例のアレは見えることは見えるらしいんだけど
特段祓ったりする力があると言うわけではないらしい

で普通霊能者ってまぁ汚ない話、
報酬なりで金品とかとる人多いけど
そのおっさんはまず報酬を受け取らないわけ

詳しくはしらんが
医療関係の仕事に就いてるらしく
休みの日に無償で見るというか相談に乗るという感じ
(たまに瓦割りの実演とか見せてくれるwww)

ここからが本題なんだが
去年、俺の母ちゃんが乳癌になったことが判明したときに
色々あってそのおっさんと知り合ったんだけど
その時に話の流れで母の実家の写真を見せたらしいのね
(いわゆる誘導とかではない)

そしたらおっさんブワーと鳥肌が立って
(霊関係のものを感じると鳥肌が立つらしい)
写真に一部写ってた

実家の敷地内にある納屋というか倉庫を指して
ここがヤバイって言うんだよ

でまぁその倉庫てのが
20年くらい前まで貸し家をしていたんだけど
自殺2回全焼1回というすさまじいことになったんで
貸し家を取り壊して倉庫に建て替えたらしい

その情報はおっさんには教えてなかったから、
やべーってなったわけですよ
(そもそも実家のことを相談するために写真を見せたわけではない
暇なときに泊まりに来ませんか?ということで見せた)

でおっさん曰く
何かその土地には貞子を60歳位にした感じの幽霊的なものが憑いてるらしく
そのあと色々調べてみたら
貸し家やってたときに自殺した60代のばあさんが
おっさんの言う幽霊との特徴が一致してるってことで更にビビった

つまりその自殺したばあさんが化けて出ていたということなんだが
おっさん曰くこのばあさんの幽霊は何かに操られてるにすぎない

もっとヤバイ霊的な存在に操られてるとか言うわけですよ

でまぁ母の実家は元地主の分家で
そこそこの土地持ち農家なんだが
所有している田んぼのある一部の土地が
大昔(安土桃山ぐらい?)には処刑場(てか首切り場)になってたらしく
そのことと関係あるのかな-と思ってみたりしました

まぁその相談的なことをしたのち
色々あっておっさんとは疎遠になったんだが
未だに何かそういう因縁話みたいなのは放置されっぱなしで
何か怖いなーと思い書き込みました

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事