小学一年生のころ、
地域の神社(そこそこ大きめだけど神主さんは常駐してない)に
地域探検でクラス皆で行きました。

神社の本殿までは100mちょいの長い道があって、
両サイドは木が生えてて、
でもその向こうは田んぼや民家がある、
普通の地域の神社です。

本殿まで行って、
その帰りに長い道を歩いてるときでした。

急に辺りが静かになって、
金色に日差しが光ったと思ったら、
木の間から狐がゆっくり横切っていきました。

長い道には人が歩くための道が石で舗装されていたのですが、
その真ん中まで狐が来たとき、
その狐が止まって私のほうを向きました。

私はその狐から2mほど離れていて、
狐がいる!と興奮してるのに全く体は動かない。

しばらく見つめあって、
狐は顔を戻してまたゆっくり歩き始め、
対岸の木の向こうに消えました。

狐がいなくなった瞬間に金色の日差しも音も元に戻って、
私はそこで我に返って木の向こうを見ました。

狐はいなくて、
民家の玄関口があるだけ。

強いて言えばその玄関口に黒猫。

幼心に、猫に化けたのか!?と思って、
でも境内には狐の巣穴があるという話を聞いていたので、
普通に野生の狐だと思ってました。

その時は私の後ろ、
数メートルくらいに友達2人と引率の先生がいて、

「狐!見た!?」

と聞いても

「そんなの見てない」

と。

どう考えても普通に見える距離だったので、
私はあれはただの狐では無かったのかと思いました。

一人っ子で妄想癖のある子供にしたって、
流石に学校に戻ってからの感想イラストに狐描かないし、
他人に興奮しがちに話したりはしないだろうし、
高校生になった今でもその時の話を覚えてます。

一年生のころの話なんてほとんど覚えてないのに。

別にその神社は稲荷ではなく、
本殿で祀ってるのは確か熊野三山。

後々、昔各村の神社を一所に集めたため、
神様は100柱を超えるということが分かりました。

人ならざるどなた様かに、
あの時お会いしたのかなと思ってます。

あれ以来零感、霊障一切無し。

7歳が私が
人ではないものに関われた最後だったんでしょうか。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事