学生のとき、
祖父が変なお守りを買ってきた。

色も変だし形も変で、
書いてある字も読めない。

中身は見てないけど、
普通のお守りみたいに固いものが入ってた。

祖父は身代わり守りだから、
ランドセルに付けておけと言った。

可愛くないから嫌だったけど、
祖父が怖いから仕方なく付けてた。

で、それからしばらくして、
下校中にバックしてきた軽トラにひかれそうになった。

後ろ見てなかったんだろうね。

運転手が泣きながら、
すまない!すまない!と下りてきたけど、
私は無傷。

だから、ぶつかってません、大丈夫ですって言ったけど、
運転手は確かに当たった!衝撃を感じた!と譲らない。

病院で検査受けたし、警察も来て調べたけど、
やっぱり私に傷ひとつないないし、
他の何かにぶつかった形跡もない。

結局運転手が焦って勘違いしたんだろう…
と言うことになった。

で、ふとなぜか身代わり守りのことを思い出したので、
触ったらふにゃふにゃ。

紐の隙間?から覗いたら中身が無くなってた。

祖父は身代わりになってくれたんだと言ってたけど、
本当にそうなのかなぁ。

祖父は去年亡くなってしまったけど、
どこの神社お守りなのか聞いておけば良かったかも。

誰か知ってたら教えて欲しいな。

栃木県北部での話です。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事