夏の修学旅行に行った時に、
俺は転校したて+人見知りが激しくて友達いなかったので、
一人寂しく外に抜け出して花火をしてた。

そしたら地元の子か知らないけど、
ぼーっと一人で花火をしてる俺の横にいつの間にか座っていて、
こう言った。

「こんなところ(海岸の崖から海に向かって花火してた)で花火なんて珍しいですね」

と。

人見知りの激しかった俺はずっと無視してたんだけど、
その子はずっと俺に話しかけててくれて、
次第に俺も慣れてきたのか、
こっちからも話しかけようとした。

しかし、そのときにはもうその子はいなくなってた。

でも、見知らぬ人とも会話しようとしてたので、
今なら慣れない人との会話が出来そうな気がしたので、
すぐにホテルに帰った。

そしたら、いつもモジモジしながら話してた俺が、
結構すらすらと会話できるようになって、
その修学旅行のうちに、
クラスの殆どのヤツと友達になれた。

その子のことをずっと無視してて悪かったけど、
おかげで友達が出来るようになった。

今度バイクの免許でもとって、
その旅行で行ったところにもう一度足を運んでみようと思う。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事