ちょっと不思議な話を親から聞いた。

今から25年位前、
八丈島という所に転勤になったそうです。

そこの社宅(一軒家)の庭に、
一本の夏みかんの木が植えてあったんですが、
大家曰く、

「植えて十数年たつが一度も実をつけていない」

とのこと。

しばらくして母が妊娠したところ、
その木に数えきれない程の夏みかんが生っていた。

変な胸騒ぎがした母は、
島で有名な巫女(シャーマン的)?な人に相談したところ、

「この夏みかんの木は神様の宿り木だから、
祠を作って奉りなさい」

とのこと。

言われた通りにしたところ、
一晩でその夏みかんがすべて木から落ちていたそうです。

それで無事に俺を出産。

妹を妊娠したときは、
その木に実が二つしか生らず、
巫女に相談したら、

「お腹の子は双子で、
この木の神様が二人とも連れて行くと言っている」

と言う。

確かに双子だったらしい。

母は必死に助けてくれと頼んだ。

そうしたら巫女は、

「二人は無理です。
一人だけなら、なんとかなるかもしれない。
それでもいいですか?」

と言うので、お願いした。

すると、二つの夏みかんのうち一つを取って来て、
家に作り付けの神棚にお供えして、
祈りはじめたそうです。

祈りが終わったところ、
巫女が

「なんとか一人だけ助かりました。
もう一人は残念ですが、
神様に連れて行かれました」

それを聞いて、
母は涙が止まらなかったそうです。

しばらくして出産しましたが、
双子の一人は死産でした。

この話をするとき母は、

「あの時連れて行かれた子が不憫でならない」

と涙を流します。

妹が生まれてすぐ引越したので、
その『夏みかんの木の神様』が、
良い神様なのか悪い神様なのか、
判らないそうです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事