俺にも信じられない話なので、
この話を信じてくれとは言わん。

俺が小3くらいまで、
熱出した時に必ず見る夢があった。

蔦が壁一面にビッシリと張り付いた洋館の前に、
ガキの俺がいる。

周りはなぜか霧が出ている。

その洋館の玄関を開けるところで、
夢はいつも終わる。

ここで話は、
俺が大学生の時になる。

俺はテレビ制作会社で、
ADというか雑用のバイトをやっていた。

田舎の大学に行っていたので、
極めてローカルなTV番組を作る会社だった。

ある番組の中で、
県内の不思議な建物を撮影するコーナーがあった。

それはミニコーナーなのだが、
異常に狭い庭がある家とか、立派な鬼瓦がある家とか、
バカバカしいコーナー。

俺は雑用係で、
そのコーナーの取材にはいつも同行していた。

その日もそのコーナーのロケだった。

会社に行くと、
ディレクター(以下D)から言われた。

「今日いく家なんだけど、
今までとちょっと勝手が違うから」

俺は「???」と思いながら、
とりあえずロケに同行した。

ロケ車の中でDから話を聞くと、
今日行く家は明治時代くらいに建てられた洋館らしい。

現在の持ち主はその子孫らしい。

その子孫自身も管理はおろそかにし、
洋館はほとんど廃館に近い状態だという。

車の中は俺、D、カメラマン(以下C)、
カメラアシスタント(以下CA)の4人。

いつもの面子だ。

そのロケにしては珍しく、
結構遠い場所がロケ地だったので、
その日は洋館に泊まるという。

それは事前に聞いていたので着替えはOK!

車は山道を走って行くが、
俺は「??」だった。

だって今日いくのは明治時代の洋館でしょ。

俺の住んでいた場所は、
田舎でもわりと都会の場所だった。

洋館があったら確実におかしい。

なのに…なのに…この山道はナニ?

こんな場所に明治時代人が住んでいたの?

しかもなんで洋館なんか建てたの?

車はグルグルグルグル、
同じ様な景色が続く山道を走る。

かなり寒い。

そして民家など一件も無い?
というかここに住所はあるのか?
そんな場所。

決して閑静な田舎の別荘地なんかでは無いので、
誤解しないように。

会社を出て実に3時間。

本日のロケ地に到着した。

突如その洋館は現れた。

デカイ。異様だ。

なんか怖さすら感じる。

車を降りると寒い。

とりあえず、
撮影機材を降ろしてロケの準備。

外壁に蔦が絡まった立派に洋館…。

「ん…?」

なんか不思議な感覚だ。

デジャビュのような感覚。

Cは外観の撮影をしている。

俺もボーっと外観を見ている。

なんか不思議な感覚…
少し懐かしい感覚。

そして怖い感覚。

さすがの俺も気づき始めた。

この洋館って…

撮影の邪魔をしないように、
そっと建物の脇へ廻る。

その時に合致した。

ガキの頃夢に出てきた洋館だ!

俺はいつもこの場所に立って、
この洋館を眺めていた。

しかし田舎の制作会社とは、
撮影中はけっこうな緊張感。

そんな与太話をスタッフにしたら怒られる。

とりあえず自分の胸にしまっておいた。

外観撮影は終了。

さて、与太話でもスタッフにしようと思った時、
Dが俺に言う。

「俺らこの付近のインサート撮ってくるから、
君は管理者に挨拶しといてくれる?
もう来て中で待ってくれているハズだから」

「そうなの?」

って思っていると、
スタッフは俺を残して消えていった。

仕事とはいえ少し怖い。

でも仕事なので仕方ない。

とりあえずなんていうのかしらんが、
ドアについているガチガチ叩くヤツで住人に呼びかける。
(明治の建物だから、インターホンがないのね)

しばらく待つ。

反応はない。

仕方ない。

ドアノブに手を掛ける。

鍵は掛かってなく、
ドアは普通に開いた。

中は少し薄暗い。

勝手に入るのも失礼かと思い、
大声をだしてみる。

「すみませ~ん。
本日お世話になる○○(制作会社名)のものですが、
どなたかおられますか?」

しかし無反応。

外の光と目の慣れで、
中の様子がうっすら見えてくる。

でかいホールのような場所だった。

少しボーゼンとしていると、
ホール右のドアが開いた。

低い声で

「はい…」

と出てきたのは、
50歳前後の男性だった。

少し違和感がある。

「なんだこの感覚?」

と思いながら。

俺「本日お世話になる○○のものです。
スタッフはまだ外の撮影をしていまして、
とりあえず僕だけご挨拶に…」

男性「ああ…はい。どうぞ」

俺は中へ招き入れられた。
ホールの奥に通される。

なるほど。確かに立派な洋館だ。

手入れは行き届いているとは言わないが、
外の廃館の感じよりは小奇麗だ。

食堂の様なところへ通される。

落ち着かない。

男「お茶入れてきますので…」

食堂から出て行く。

あの男どっかで見たことあるなぁー。

食堂の中を見回して見る。

女の人の絵がある。

とりあえずDに連絡しようと携帯を出す。

マジかよ…圏外。

待っていると、さっきの男登場。

俺に茶を出してくれる。

ハーブ茶みたいなヤツ。

俺これ嫌い。

でも不思議と飲める。

割とうまい。

なんでだろ?

俺、嫌いなものは絶対ムリな方なのに…

気まずいので男と話す。

俺「すみませんスタッフ遅くて」

男「いえいえ」

俺「立派な洋館ですね?」

男「私も詳しくは分からないんですがね…
この辺りは昔、外国人が暮らしている集落があったそうですよ」

土地に歴史あり。

明治のこの山奥に外人集落!?

金山でもあったのか?

それにしてもこの男…どっかで…

玄関口が騒がしい。

スタッフが来た。

少しホッとする。

「すみませ~~ん」

なんて声が聞える。

俺と男が同時に食堂を出て、
スタッフの出迎え。

男とDは大人の挨拶をしている。

D「お世話になります。しかし立派な洋館だぁー」

なんて。

男「好きに撮影して下さい。
どの部屋も使ってないから、
出入りは自由にして良い」

撮影(ってか洋館の探索)が開始される。

ホールの撮影が終わると、
さっき入った食堂。

女の絵を撮影するC。

この女の絵もなんか気になる。

少し不気味。

もうさっきの男は消えていた(元いた部屋に)。

俺はCAにコソコソと耳打ちする。

俺「なんか不気味な洋館ですね」

CA「こんなもんじゃないかな?洋館って」

2階に上がる。

小部屋が数室ある。

Dが適当な部屋を開けていく。

ここは明らか掃除していない。

埃臭いってか埃まみれだ。

俺「こんな所撮るんですか?」

D「こういう所が面白いんだよ」

そういうもんか?

撮影中ADはあんまりする事がない。

Dが指示。

CAが三脚あげたりライト当てたり。

Cが撮影。こんな感じ。

俺は部屋の中を適当に見ていた。

ふと机に目をやる。

おや…日記帳がある。

珍しいこともあるもんだ。

俺が小学生の時、気まぐれで日記をつけようと、
近所のボロい文具屋で買った日記帳と同じものだ。

日記は三日坊主だったけどね。

きっとマイナーな会社のモノだろう。

それ以来、
どの文具屋でも見たことはない。

それが今ここにある。

偶然ってあるんだなって思った。

少し中を見たかったけど埃まみれ。

さすがに、
撮影中にニヤニヤ人の日記見てたら怒られる。

やめとこう。

次の部屋へ移動。

ここは綺麗に片付いている。

俺らが泊まる部屋なんだろう。

洋館には不釣合いの布団が4組。

男よありがとう。

ここは用無し。

一同トイレの撮影へいく。

便所は妙にかっこ良かった。

いかにも洋館の便所って感じ。
(どんな感じだ)

さすがに男4人も入れないので、Cだけ入る。

ドアは開けっ放し、俺も便所の中を見ていた。

「!!??」

便所にかけてあった何気ないタオル。

あの模様…。

昔家になかったっけ…

まぁなんか不思議な感覚だった。

実際、自分がそんな立場にたったら意外と怖くない。

というより、
霊的現象って感覚はまず無い。

こんな事もあるのな?って感じ。

撮影後スタッフには話してみよう。

撮影終了。

ミニコーナーのロケだから早かった。

それでも時間的には7時過ぎくらい。

泊まりだから別に無問題。

スタッフ全員で男の元で行く。

D「ありがとうございました。
いい画が沢山撮れました」

男「それは良かった…」

D「電話あったら貸してもらえますか?」

男「どうぞ」

ホールの隅に案内されている。

未だに電話は使えるのね。

さすがに携帯使えないから、
不便だもんね。

Dは会社に、ロケは無事終わったと報告している。

俺は男に、夕飯はいつにするか聞かれた。

晩飯は用意してもらう手はずなのね。

俺の判断でいいだろう。

俺「機材の片付けあるので、それじゃ1時間後にでも」

男「わかりました。
ちなみにお風呂は使えませんので我慢下さい」

俺「はい」

機材の片付けをしながら段々分かってきた。

男が誰なのか…

機材を片付けて、
用意してもらっていた部屋に入る。

ここから晩飯までは、くつろぎタイムだ。

スタッフに話す。

夢のこと。

日記張とタオルのこと。

以下、それぞれの反応。

D「俺も熱でたら、同じ夢見てたことあった。
でもお前のは妄想」

C「怖い話はヤメレ」

CA「ふ~ん。不思議だねぇ」

お前らのリアクションって、
所詮そんなもんか!

それから、みんなゴロゴロ寝てた。

俺は付き合ったばかりの彼女のこと考えてた。

当時その彼女と毎日電話してた。

泊まりロケの話はしていたが、
今夜も電話してくるだろな…。

まさか圏外とは思わずに…。

そんなこと考えていたらドアを叩く音。

男「夕食の準備ができました」

食堂に集合。

意外とちゃんとした料理がでてきた。

飯。秋刀魚。味噌汁。漬物。あと適当な副菜。

そしてなぜかざるそば。

普通にうまかった。

秋刀魚には大根おろしがついている。

大根の固まりが一個あって、
すりおろし器がある。

「おろしが必要な人はご自由に!」スタイルだ。

また来たよ。

この大根擦るやつ。

小学校の時に、俺が母の日に、
ママンにプレゼントしたモノと同じだった。

目の前で飯食っている男…。

不完全だが一致した。

俺のおじいちゃんにそっくりだ。

5歳の時に事故で亡くなった祖父。

うろ覚えだけどこんな顔していた。

そして後ろの女の絵。

これも祖父と同じ事故で、
亡くなったばぁちゃんに似ていた。

ここまで来たらさすがに怖い。

飯は我慢して食った。

早く部屋に戻ってスタッフに話したかった…のに!!

他のスタッフは酒出されて呑んでるし!

チッ!

俺は元々酒ニガテ。

時が過ぎるのをひたすら待った。

小便したい。

でもこの家怖い。

1人で便所?ムリムリ。

そーか、あのハーブ茶も、
おばぁちゃんに飲ませてもらった味に近かった。

だから飲めたのか…

部屋に戻る。

俺の中二病は発病。

俺「ここはなんか怖い。危険です。帰りましょう!」

D「もういい加減飽きた。さっさと寝れ」

俺「便所だけはどうかついて来て下さい。後生です」

D「分かったよ…」

小便は無事できた。

あとはこの洋館で寝るのか…やだなぁ。

寝れた。

なぜか。あんなに怖かったのに、
スヤスヤ寝ていた。

布団はD・俺・C・CAの順番だったと思う。

とりあえず、俺は端では無かった。

別に夢も見て無かったと思う。

ふと目が覚めた…。

目の前に男の顔があった。

意外と叫んだりしないもんだな…。

出た言葉は、
「おぅっっ…」ってな感じ

覗き込む男。固まる俺。

その間約2秒…。

ちなみに男の手には、なぜかロウソク。

男「○○さんですね…」

俺「…はい」

男「お電話です…」

俺「…どーもすみません」

男に先導されて廊下を歩く。

廊下真っ暗。

明かりは男のロウソクのみ。

寝ぼけているのか?俺?

この時はあまり怖くなかった。

不思議だ…。

廊下を歩いていると前の男が、
「ヒッ…ヒッ…」という声を出しているようだ。

その度に俺、ビクッビクッっとする。

この男笑ってね?

電話の前に到着。

男「どうぞ…」

俺「どうもありが…」

男がいない。

どっか近くの部屋消えた?

キョロキョロと辺りを見回す。

すぐ横にドアがあった。

ここに消えたのか…。

少し安心した。

しかし、音も無く消えないでよっ!

受話器を取る。

俺「…・もしもし」

受話器「ちょっと!全然携帯通じないじゃーん。
どういう事よ~~!?」

彼女だった。

俺「ごめん。圏外のところにロケきてんだ」

ここからは普通に話していたと思う。

なにせ寝ぼけている。

早く寝かせてくれ。

俺「明日4時ごろ帰るから、それから会おう」

彼女「分かった。連絡してきてね。待ってま~す」

ヤレヤレだ…。

部屋に戻る。

暗いがなんとか帰れた。

さて寝よう…と思った時。

「あれ…なんで…??」

不思議…だった。

どう考えても不思議だった。

「何で彼女、この番号を?」

ロケに行くとは言った。

結構遠い場所らしいとも言った。

しかし…正確な場所は俺でも知らなかった。

なんでだ…?

寝よう…。

考えても分からない。

意外と早く眠りに落ちた。

翌朝7時起床。

荷物を担いで食堂へ。

朝飯も用意してくれているとの事。

スタッフ一同ゾロゾロと食堂へ入っていく。

昨日のことは夢だったのか?

寝ぼけていたのか?

男に確認しなければ!!

しかし食堂に入った瞬間、
このロケで最高にド肝を抜かる光景を目にした。

「おーーはようござーーいまーーーす!」

食堂に響く威勢のいい声。

目を丸くするスタッフ一同。

男が蕎麦を打っていたっ!!

男「みなさん良く眠れましたか?
いや~私、蕎麦打つのが趣味でね!
皆さんに美味しいお蕎麦ご馳走しますんで…
ささ、早くテーブルへ」

一同ポカ~~ン。

男が蕎麦を打つのを、
黙って見るスタッフ一同。

昨日とはうって変わって、
ものすごく威勢のいい男…。

なんだこの豹変ぶりは!!??

同一人物ですか??

俺は確認した。

俺「…昨日の夜はわざわざ有難うございました」

男「いやーー気にせんで下さい!全然大丈夫ですよ!」

どうやら同一人物ではあるようだ。

そして、昨日あった事も夢ではなかったようだ…。

CA「昨日なにかあったの・・?」

俺「いや…僕に夜電話が掛かってきて…
取り次いでもらったんで」

CA「ふ~ん。そうなんだ」

男「お待たせしやしたっ!!!」

前に置かれる蕎麦。

確かにうまそうだ。

その蕎麦を一口食った瞬間分かった!

昨日の蕎麦も男の手打ちだったのか…。

俺たちは男に礼を言って洋館を出た。

なんか疲れたロケだった。

窓の外を見る。

緑の木々が妙に美しかった。

俺は、なんで彼女が電話番号を知っていたのか?

ボーっと窓の外を見ながら考えていた。

そして…あれ…その前に…
不思議なことはもう一つあった。

なんであの男…
俺の名前知ってたの?

挨拶はしたけど、
自己紹介はしてないよね?

俺バイトだし当然名刺もないし…
名前言っても仕方ないから名乗ってない…。

無事会社に到着。

早速彼女にメール。

『仕事終わったら○○に行くから待ってて』

彼女メール『了解!』

会社を飛び出し待ち合わせのサテンへ。

早く確かめたい!

なんで昨日番号が分かったのか!!??

俺が喫茶店に着くと、
彼女は既に到着していた。

軽く昨日のロケの話…
んで、核心へ。

俺「ところで昨日さぁー、
なんで俺のロケ先の番号分かったの?」

彼女「え…電話なんかしてないよ。私」

本当にあった、
学生時代の不思議な体験でした。

信じられないかもしれないけど、実話です。

その会社は潰れたと風の噂で聞いたから、
Dと連絡は取れない。

卒業してDの携帯も消したし。

しかし、あの時なんでもっと追及しなかったんだろ。

不思議体験は、後にも先にもこの一回だけです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事