自分が中学一年生から二年生に掛けて、
大学病院に入院してた時期があった。

そもそも入院の原因がおかしくて。

突然ぶっ倒れて、
気絶して目が覚めたら下半身が動かなくなってた。

本当に突然。

倒れた際に頭を打ったとか、
元々持病持ちな訳でもなく。

地元の病院に行ったら

「これはこんな病院じゃ無理です」

って大学病院に回されて、
病院に行ったら、
教授とか明らか偉そうな人に囲まれて、

「これはおかしい」
「不思議だ」
「なんだこれ」

ってまるで実験動物みたいな気分。

子供だった自分はそれだけでなによりも恐かったんだけど、
まあそっから入院が決まって、
不思議な体験を沢山する事に成った。

自分が罹ってた科は、
脳内神経なんちゃらっていう小難しい名前のところで、
じいちゃんばあちゃんが沢山居るところ。

中学生だし、
入院なんてつまらないものだから、
寝泊まりは小児科でする事になったんだ。

自分の部屋は6人用の大部屋。

因みに、中学一年生の自分、
4歳位の男の子、5歳位の女の子、小学五年生の女の子、
生後数ヶ月の男の子の5人だった。

小児科だけあって、
看護師さんや先生も気さくな人が多くて、
長い事入院してる人達はまるで家族の様に仲良かった。

自分は同じ部屋の4歳の男の子(Kくん)を良く世話してて、
Kくんのお母さんとも仲が良かった。

Kくんのお母さんは別の部屋のお母さんと仲が良くて、
いつも一緒に居た。

そのお母さんは娘さん(Nちゃん)が産まれた時から入院してるらしく、
もう9年もここに居ると言ってた。

Nちゃんの詳しい病名は知らないけど、
個人部屋で家族以外面会謝絶だから会った事がなかった。

大変だという事は知っていた。

KくんとNちゃんのお母さんは不思議な力が有る人で、
自分と初めて会った時に色々言い当ててた。

例えば小学三年生の時の事故の事とか、
不思議な体験をした事とか。

結構、色々な体験をしてたんだけど、
自分が入院して半月位だろうか。

病室で晩飯を食ってる時だった。

みんなで談笑をしながら食ってたら、
突然頭の中に一人の女の子のイメージが湧いた。

パン!って音が似合いそうな感じ。

突然誰かを思い出すとかは珍しい事ではないと思うんだが、
覚えのない子が自分の中で微笑むのは少し気味が悪くも思えた。

なんだこれ、と思った直後だと思う。

「お嬢(入院中の自分のあだ名)、分かった?」

って言われた。

Kくんのお母さんに。

何の事を言われてるか分からなくて黙ってた。

そしたら直ぐにKくんのお母さんは続けて、

「Nちゃんだよ」

って。

自分はもう?マークでいっぱい。

そしたら廊下が賑やかに成ってて、
直ぐに別の部屋のお母さんがやって来て教えてくれた。

「Nちゃんが、亡くなった」

と。

皆驚いてるのに、
Kくんのお母さんは酷く落ち着いてた。

Nちゃんのお母さんとあれだけ仲が良かったから、
もっと驚いても良いのにって思ったのを覚えてる。

それから、
初めてNちゃんの部屋に入ったんだ。

綺麗な顔して眠るNちゃんは、
さっき自分の頭の中で微笑んでた子と一緒だった。

Nちゃんのお母さんに似ていると言えば似ている。

でも自分はNちゃんの顔をそれまで知らなかった。

Nちゃんのお母さんは泣きながら、

「Nちゃん、最後に逢いに行ったでしょう?」

って言ってくれた。

Nちゃんのお母さんからNちゃんの話は聞いていたけど、
会った事がなかった自分は、
そんなにNちゃんへ気持ちを向ける事をしてなかった。

凄く後悔した。

何故か涙が出た。

会った事も話した事もないのに。

目を開けてるところすら見た事なかったのに。

何が一番不思議って、
Kくんのお母さんとNちゃんのお母さんだよね。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事