仕事が終わって家に帰る途中、
駅を出てすぐのところでボロボロの服を着て
痩せ細った30代後半ぐらいの女に声を掛けられた。

その辺りはホームレスが多かったから
すぐにそれだと思って無視したけどついてくるので、
駅で買ったばかりのパンを一つあげた。

女は何回もお礼をして戻って行った。

次の日、仕事帰りにまた同じ場所で
その女がいて目が合ってしまった。

嫌な予感がして
早歩きで逃げようとするとやはりついてきた。

昨日のように食べ物を手にぶら下げてなかったし、
金なんかあげたら明日も明後日もたかられるだろうと思ったので
30mほど走って逃げたところで後ろを振り返ると
女は立ち止まってこっちを睨んでた。

昨日パンをあげたことを後悔しつつ家に帰った。

次の日からは
女に会わないよう別の出口から出たので
遭遇せず帰ることが出来た。

1週間経った日の帰り道、
後ろに気配を感じて振り返ると
あの女が自転車に乗って
ニヤニヤしながらこっちを見てる。

これはヤバいと思ってすぐさま走って逃げ出すも
相手は自転車なのでこの前のように逃げ切れない。

仕方ないので
自転車じゃ入れない他人の家の庭を横切って見失わせたところで
家に向かって走った。

息を切らせながら家に着くと、
なんとドアの前に女が立っていた。

もう逃げようがないので

「何なんですか!警察呼びますよ!」

と警告したら、
その女は手に持っている
かじりかけのあんパン(どうやら前にあげたパン)を突き出し叫んだ。

「あたしゃつぶあん派なんだよ!
こしあんなんて食えないから返そうと思ったんだよ!」

呆気に取られて黙ってしまった。

とりあえずパンを受け取ると
女は帰っていった。

次の日からその女は見なくなった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事