祖父母が若い頃、
散歩の途中で神社に寄ったときの話です。

その神社は女性は入っちゃいけないと昔からいわれていましたが、
そういうものを信じない祖父は
祖母と一緒に神社の敷地に足を踏み入れました。

その時、さっきまでからっと晴れていたのに
突然天気が悪くなり、
ザーザー雨が降ってきたそうです。

急いで家まで走って帰ったそうですが、
ずぶ濡れで帰って来た2人に
祖父の両親は不思議な様子。

神社の辺りにだけ雨が降り、
それ以外の場所には
まったく降っていなかったんです。

その神社の神様は女性だそうで、
女性が神社に入ると怒ってしまうので
男性しか入ってはいけない
というのが昔から伝わってるお話だそうです。

「まあ、偶然雲の加減で降ったんだろうけどねw」

と言われましたが
もしそうだとしても面白い話だなと思いました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事