6年ほど前の話。

一人暮らしをしているマンションに妹が遊びに来た。

大学から帰り、
コンビニ弁当を食べながらテレビを見ていた時の事だった。

おそらく午後8時くらいだっただろうか。

会話は少なめだったが、
ソファーに並んで座りテレビを観たりしながら、
兄妹の何気ない時間は0時前後まで流れた。

翌朝、目が醒めると妹の姿はなかった。

そして、ある事を思い出す。

『俺に妹などいない』

明らかに夢などではなかったはずなのだが、
確かに呼んでいたはずの妹の名前さえ思い出せない。

顔は思い出せた。
(6年前の話なので、今は何となく程度だが)

前日の新聞のテレビ欄を見た所、
0時の番組のオープニング~10分程度?を観ていたのは確か。

妹の隣で。

その時まではソファーに座っていたはずだが、
目が醒めたのはベッド。
(ソファーとベッドはすぐ隣だったが)

自分の身体を見た所、
前日風呂には入っていないと思われる。

服は前日大学に行き、
着替えずにそのまま過ごした昨夜のまま。

最初は

「夢?」

とも思ったが、
一つだけ明らかな証拠があった。

キッチンの流しにあった2つのグラスだ。

自分用のグラスは決めてあるので、
俺が来客用のグラスを使う事などない。

顔を見て『妹だ』と認識して
部屋に迎えてしまったアレは一体誰だったんだろう…。


とりあえず家族構成は、
両親と姉と俺の4人家族。

その頃は3人は実家(車や電車で2時間程度の距離)で、
俺一人だけ都内に住んでた。

ちなみに、
『妹が欲しい』などの願望は無かった。

あと、俺はわりと見えてしまう方の人間なので、
死者の霊ならば区別できるつもり。

だが、彼女は間違いなく人間そのものだった。

妙な自信かも知れんが。

事情を把握したのが寝起きだったせいかも知れないが、
恐怖心は全く感じなかったし。

その部屋に引っ越したのが2月で、
妹が来たのは同じ年の6月。

その後3年半ほど住んでいたが、
二度と遊びに来る事はなかった。

最初は二人でナイター中継を見てた。

妹は野球はよく知らない様子だったが、
俺と一緒に阪神を応援してくれてた。

その後は下らないバラエティ番組で笑ってた。

何となくもう一度会いたいような気もする…。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事