20歳ちょっとだったか、
まだ実家でぷーたろーやってた時。

ウチは物凄い田舎で、
家のすぐ傍が森とか山みたいな所だったのよ。

そんで何もやる事ないし、
家にいたら親がグチグチうるせぇから、
そういう場所をうろついてた。

その時期何かもう何もやる気なくて、
どーでもいーやーって感じで、
山道登りながら自分の事を考えてたら、
いつの間にかいつも歩いてる山道から逸れて、
道無き森を彷徨ってた。

今のオレなら絶対取り乱してたけど、
その時は別に死んでもいいやって気分。

しばらくふらふらしてると、
何か細い道っぽい所に出て、
藁のテントみたいなのと焚火。

そこで着物姿の人間もどき、
子供とじいさんが二人居た。

何でもどきかって言うと、常に笑顔なのよ。

しかも、最初から髪なんか無かったかの様なつるっぱげ。

挨拶しても近づいても、
とにかく微動だにしないにたーっとした笑みが張り付いてる。

しかも二人とも同じ顔。

子供の方は凄まじくお肌つるつるだけど、
顔立ちはしわしわのじいさんと全く瓜二つ。

血縁と言うより、
年齢差のあるクローンって感じ。

二人とも昔にタイムスリップした様な雰囲気で、

「あ、この二人は人間じゃねーな???」

って何となく感じた。

声かけようか戸惑ってた所で、
じいさんの方が

「迷いましたか」

って声をかけて来て、
トントン拍子に二人の家?で休んでいく事になった。

じいさんは話してても、

「そうですか」
「ゆっくり休んでください」

みたいな事しか言わない無口なんだけど、
子供の方はやたら口が達者だった。

「何処から来た?」
「一緒にコマやろうや!」

みたいな事から、何故か

「お兄ちゃんプレステ買って」

みたいな事も。

まぁ普通のガキか。

でもやたらプレステに執着してた以外に、
コマとか花札とかゲーム関係全般詳しくて、
面白い話をいろいろ聞かされたし、
遊びも付き合った。

そんな風に過ごしてたら、
じいさんが「どうぞ」って、
お鍋で作ってた雑炊の様なものを差し出して来た。

何かね、見てくれはゲロみたいでマズそうなのに、
物凄い良い匂いがして食べない気になれない。

無理。

食材がいろいろ入ってるんだけど、
匂いだけで何が入ってるか分かる。

卵とか肉とか魚とか、
野菜とかとにかく入れるもの全部入れましたよーって感じなのに、
全てが調和されてる。

全部の食材の味が恐ろしいくらい引き立ってるのに、
一つの味として成立してるみたいな。

上手く説明出来ないんだけど、
とにかく美味かったの。

素人舌でも、
あれは簡単に作れるものじゃないって分かる程ね。

他にも華の香りのする酒とか、
蜜柑と魚の和え物ももらったんだけど全部美味くて、
でも何か切なくなる味で、いつの間にか涙が出てた。

そしたらガキが

「どうした?」

って尋ねて来て、
その拍子に今まで家族にも言えなかった事を、
泣きながら全部話してた。

シクシク泣きながら、
高校中退したとか、いじめられてたとか言ってたら、
じいさんが優しく背中撫でながら相槌返して、さらに号泣。

「もう死んでも良い」

なんて愚痴ったら、

「今死んだら極楽に行けないぞ!
まだ若いしやり直し効くって!」

みたいなオッサン臭い説教を受けた。

ちょっと立ち直って来た所で、
おじいさんが麻袋を藁テントから出して来た。

「もうあなたは行きなさい。
ここに居たらいけない。
……これをどうぞ」

お土産のつもりだったのかそれをもらって、
子供に案内されて山道まで来たら、
いつの間にか子供も消えてた。

それから麻袋の中身を確かめたら、
中身は石鹸。

梅みたいな香りで、
嗅ぐだけでお腹空きそうな感じ。

石鹸使おうかなとか考えながらも、
山歩きで疲れたから、
その夜は早々に寝てしまったんだ。

突然深夜、物凄い激痛に襲われて、

「アイツらの飯が当たったかクソー!」

みたいな気持ちでブリブリしてたんだが止まらない。

とにかく中々ウンコが止まらなくて、
治まった頃はもう朝だった。

2時間くらい経ってた気がする。

しかもその後、
酷い虫歯になったり2、3日熱で寝込んだり、
原因不明の骨折とかが1カ月くらい続いた。

さすがにあの二人を疑ったんだが。
骨折が治ってしばらくしてから、
突然酷い眠気とだるさに襲われて、
丸2日くらい殆ど眠りっぱなしの状態に陥ってから、
それ以来突然身体が軽くなって、快活な気分になった。

いろんな事がしたいと思い始めて、
衝動的にバイトやりまくったり、
毎日走ったり、資格勉強したり、めちゃくそ元気。

しかも、あれから一度も風邪ひいてないんだよな…。

少し経って、忘れてた石鹸の事を思い出して、
これも何かあるのかなと思って、
おそるおそる洗面台で使った。

するとボロッ……って、
消しゴムのカスみたいに手の垢がボロボロ出る、
トンデモ仕様の石鹸で、勢いで風呂場直行。

勢いに任せて石鹸で身体擦ると、
また出るわ出るわで、
とうとう濁った油みたいなのまで出てきた。

しばらくその石鹸を使ってから、
劇的に肌が綺麗になって、
ニキビ肌だったのに今はつるつるになってる。

しかも、それから常に

「○○って良い香りがするよな」

とか言われる様になって、
やたら友達が増えたりモテた。

今は必死に頑張って美容師になれたけど、
それもあの二人のおかげなのかな。

でも、あの二人に出会うのが本当にオレで良かったのか。

そもそもアイツらは一体何だったのかは気になるよ。

あの後また同じ場所に行こうとしたんだけど、
足が竦んで無理だった。

何故か、今行ったら
もう二度と帰ってこれない気がしたから。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事